Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

河合雅司『未来の年表――人口減少日本でこれから起きること』を読んで

 

今後の日本を考える上で有益な示唆を与えてくれる一冊。以下に重要と思われる箇所を一部引用します。 

求められている現実的な選択肢としては、拡大路線でやってきた従来の成功体験と訣別し、戦略的に縮むことである。(p.11)

われわれが目指すべきは、人口激減後を見据えたコンパクトで効率的な国への作り替えである。(p.12)

・…合計特殊出生率が改善したとしても出生数は増えない…それどころか、反対に減っていく。(p.21)

・「高齢者」の高齢化を考えるうえで、忘れてはいけないポイントがある。その主役が女性になる…(p.27)

・…人口減少社会における大学の役割とは何か…(p.35)

これまでの少子化の影響で「未来の母親」となる女児の数が減ってしまっている…(p.44)

・働きながら介護する人が増えると、新たな問題も浮上する。辞職や転職を余儀なくされた

「介護離職」の増大だ。(p.51)

・要介護状態の親族が施設に入所できたり、亡くなるなどして介護から解放されたとしても、離職に伴うブランクは大きく、40~50代で復職したり新たな仕事に就くことは容易ではない。(p.52)

・なぜ、人口が減少するのに世帯数は増え続けているのだろうか?…ひとり暮らし世帯(独居世帯)が拡大しているからだ…子供と同居しない高齢者が増大した…未婚率の増加…離婚の増大もまた、ひとり暮らし世帯を増やす…社会保障制度…ひとり暮らしの激増を織り込んでいない…(p.54-58)

・…社会保障サービスを充実させながら、負担はある程度までで抑える「中福祉中負担」は幻想にすぎない。それなりの社会保障の水準を求めるのならば、「超高負担」を受け入れなければならないし、あまり負担したくないのであれば「低福祉」で我慢しなければならないということだ。(p.65)

・病院を建設する人、医薬品や医療機器を開発する人、それを運ぶ人、救急車を製造する人といったさまざまな職種で働く人がいて初めて、われわれは適切な医療を受けられているのである。(p.88)

大都市部では総人口はあまり減らず、高齢者の実数だけが増えていく。これに対して、地方では総人口は減少するが、高齢者の実数はさほど増えるわけではない。(p.126)

・われわれが求めているのは、現状の業務をAIに置き換えるだけの作業ではなく、人口が大きく減った時代の課題にAIをどう活用かという展望だ。(p.157)

小川さやか『「その日暮らし」の人類学――もう一つの資本主義経済』を読んで

 

「その日暮らし」の人類学 もう一つの資本主義経済 (光文社新書)

「その日暮らし」の人類学 もう一つの資本主義経済 (光文社新書)

 

 文化人類学に関心をお持ちの方におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を一部引用します。

・…わたしたちは身近な怠け者に憤りを感じつつも、怠け者に憧れているという単純な事実だ。(p.17

・本書では、「Living for Today」―-その日その日のために生きる――をめぐる価値や実践、人間関係、その連続として立ち現れる社会や経済のありようを明らかにすることを通じて、わたしたちの社会で支配的である未来優位、技術や知識の蓄積にもとづく生産主義的・発展主義的な人間観に問いを投げかけることを目指している…本書のもう一つの狙いは、Living for Todayを前提として組み立てられた経済が、必ずしも現行の資本主義経済とは相いれないものではないことを示すことにある。(p.24-25

・…未来や過去を前提とした生産主義的な生き方は普遍的なものではなく、またそのような活き方は当事者たちにとって必ずしも「不幸」で「貧しい」ものではない…(p.40

・…不確実性の高い生活環境での「前へ前へ」という生き方のスタイルは、不確実性の高い市場では、「試しにやってみて稼げないとわかったら転職する」というスタイルになっている…「いつ転戦するかわからない」という短期決戦の姿勢は、共同経営や組織化のインセンティブと矛盾し、不確実性の高い混沌とした市場を再生産することになる。(p.84

・ここでサバイブするために必要なのは、「わたしだからこそ/わたしだけは」の信念と、対面する人びととのあいだで騙しや背信を織り込んだ「了解」「信頼」をいかに築くかにかかっている。(p.101

・ここで重要な点は、こうした顧客ネットワークが個別の仲介業者のパーソナルネットワークとして拡大していくことだ…基本的に仲介業者は「一人で仕事をする」傾向にあり、その他の仲介業者とのあいだでパートナーシップや連帯、組織を形成しないということである。(p.117

伊藤肇『不滅の帝王学――プロ指導者をめざす人へ』を読んで

 

不滅の帝王学―プロ指導者をめざす人へ

不滅の帝王学―プロ指導者をめざす人へ

 

 ビジネスパーソンにおすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・…「貯蓄」はいつも古くて新しい「富豪への道」…要はそれを実行するかどうかだ。(p.27

・…人の信用を利用できる人間になれ。(p.32

・…「習慣的にもっと続けることは、それがつみ重なって忘れているうちに大きなものになる」…(p.33

・第一は金持の金持。実際にも金持だが、心も豊かで、自分のためにも使うが、施しもする。第二は金持の貧乏人。いくらお金をもっていても満足する心がない。使うべきところにも使いたがらず、まして人に施しをするなど、とんでもないと思うから、つまるところ、義理を欠き、人情を欠く。第三は貧乏人の金持。実際は貧乏していても、家庭が円満で、五体満足であることを芯からありがたいと感謝している。貧乏で施しはできないけれども、いつも和顔愛語の施しを忘れない。第四は貧乏人の貧乏人。実際にも貧乏であるのにならず、日毎、自分の身の上を嘆き、世間の人をうらやむ。不平はこの世の行きどまりである。(p.40-41

・同じ金でも「生きた金」と「死んだ金」とがある…第一は「金は与えるか、与えないかの二つしかない。もし与えるならば、相手が十分満足するように与えないといけない」第二は「無造作、つまり相手に恩を売らぬということ」である。(p.42-43

・「紙に包むなり、祝儀袋に入れる」のは、物を渡す場合のエチケットである。(p.44

・…「目立たぬように」わたすのがミソ…(p.45

・大きな金も小さな金も筋が通らぬものは一切、手に触れないのが第一等の人物。大きな金はとっても、小さな金は絶対にとらないのが第二等の人物。大きな金も小さな金も、金と名のつくものなら何でもとびつくのが第三等の人物。小さな金にしか手を出せぬのが最低の第四等の人物。(p.46

・どんな経営者も信用を重んずる。(p.50

・…「金が人生で何をなし得るか、金が人生で何をなし得ないか。この二つの問題を正しく解く人が金の真の正当な価値を知る人である」…(p.57

・…「人のためにつくすことが、一番、自分のためになる」…(p.92

・国に功労ある者には賞を与えよ。功労があったからといって地位を与えてはならない。地位を与えるには、おのずとその地位にふさわしい見識がなければならない。そこのところを間違えて功労に酬ゆるために見識なき者に地位を与えると、それは国家崩壊の原因となる――西郷隆盛p.98

神田昌典『不変のマーケティング』を読んで

 

不変のマーケティング

不変のマーケティング

 

 マーケティングに関心をお持ちの方におすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を一部引用します。

つまり、商品があって、その商品のマーケティングをしたんじゃない。マーケティングをして、欲しがる人がいることを確認してから、商品を作ったのだ。(p.35)

お客を探す。そして、その後に、そのお客が欲しがる商品を提供する。(p.36)

・…人間は「新たなメリットを得る」ために行動するよりも、「現在あるデメリットを回避する」ために行動する動機のほうが強い。(p.51)

・…真実味を出すために物語を使う。(p.53)

・…第一接触段階で購買が8割方決まってしまう…(p.56)

顧客満足の基本は、自分がお客だったら、何をされたらうれしいか。これをリストアップする。(p.59)

1.       お客はどうしてここに集まっているのか?何を探しているのか?

2.       お客が嫌っていることは何か?

3.       どうして嫌っているのか?

4.       お客は、何に悩んでいるのか?

5.       どうして悩んでいるのか?

6.       お客が恐れていることは何か?

7.       どうして恐れているのか?(p.62)

タイミングのドアが開く瞬間というのは、ほんの一瞬。(p.75)

その1 緊急性…その2 限定…その4 指を動かせる…その5 思い切った保証…セールスの公式:GP1GP2RR=ライバルを圧倒する売上…その6 明確な指示…その7 お客様の声…(p.79-90)

・人を説得する原則は、「質より量」。(p.103)

・…価値を付けているのは、商品そのものではなく、いかに売るかというアイデア(情報)…(p.118)

佐高信『逆命利君』を読んで

 

逆命利君 (岩波現代文庫)

逆命利君 (岩波現代文庫)

 

 ビジネスパーソンにおすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を一部引用します。

・交渉においての鈴木の持論は「強い敵は尊敬される」だった…がんばるところはがんばって、相手に存在を認めさせるところから、ネゴシエーションは始まる…(p.53

・貿易は口頭ではなく、すべて書類で確認する…レターは単に意図を伝えるだけではなく、そこに高い格調が必要だ…(p.60

It was indeed my great pleasure to meet you again after so long absence from each other on the occasion of your recent stay in Tokyo. I enjoyed the conversation with you and shared the interest in your ambitious plan of developing the oil shale resources in Thailand.

  As we told you then, if there is a realistic possibility for us to collaborate with you in this issue, it would primarily depend on whether or not and how far Japan National Oil Corporation (JNOC) shows interest, because this type of project requires a huge amount of fund that could be raised in an encouraging way only when the governmental sector like JNOC becomes involved. (p.63)

・…国際人であるためには何よりも先に日本人としてのアイデンティティを持ち、日本の文化と伝統を体現しなければならない。(p.70

〇鮮明に自己主張する。自己主張は可能な限り相手の言葉…と論理を用いて行う。

〇対決の場面では、理由…なく譲歩することはしない。

〇投げられたタマはホールドせず、即座の反論で投げ返す。

〇妥協する場合は、情緒的な妥協ではなく、必ず「論理ある妥協」「説明のつく妥協」をする。

〇相手に「押しつけられた」「損をした」と思わせない。「良いディールをした」と思わせる。(p.71-72

・結局、部下を育てるというのは、まず自らを磨くということにつきる…(p.280

川上徹也『キャッチコピー力の基本――ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック』を読んで

 

キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック

キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック

 

 ビジネスパーソンにおすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・「自分に関係がある」と思わなければ、人の心は動きません…特定の誰か個人に向けて語りかける意識を常に持つ必要があります。(p.14

    抽象的な表現を避け、具体的に書く

    ついつい書いてしまうような常套句を避ける(p.17

・常に相手の心に「何で?」という疑問が、わき起こるような書き方を意識しましょう。(p.24

    文章を圧縮せよ…

    言葉をシンプルに…

    誠実に語れ…

    何度も繰り返せ(p.25-26

・発信者の気持ちが強く入っていると、言葉は自然と強くなります。(p.35

・…具体的な数字を入れると説得力が増します。(p.39

・…受け手の具体的なメリットが書かれてある…(p.46

・…心に残る言葉にするには、受け手に「オッ!」と思わせる必要があります。(p.69

・…ターゲットを絞る…(p.79

・発信側が最初に欠点を認めると、受け手は、そのあとに述べる長所のことを「本当である」と受け取りやすくなる…(p.87

・…人間は「希少性」ということにとても弱い動物です。(p.97

・名言を利用する(p.156

・法則化してまとめることで、理解しやすいフォーマットになる…(p.189

・…商品そのものよりも、「それを使うことによってどんないいことがあるのか」を伝えるほうが、受け手の心を動かす…(p.191

・ストーリーには、人の感情を動かし、記憶に残りやすくする力があります。(p.222

・ストーリーの黄金律

    欠落した、もしくは欠落させられた主人公が

    遠く険しい目標に向かって

    いろいろな障害や葛藤、また敵対するものに立ち向かっていく(p.227

高田靖久『お客様が「減らない」店のつくり方』を読んで

 

お客様が「減らない」店のつくり方 (DO BOOKS)

お客様が「減らない」店のつくり方 (DO BOOKS)

 

 起業されている方、営業職の方におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・「新規客よりも既存客」、「集客よりも定着」、「ディスカウントよりも付加価値」、「売上よりも紹介客」を大切に行動…(p.27

・売上げの急成長を目指すのではなく、着実に成長が見込める既存客の再来店率を高めなさい…(p.30

・…「お客様を絞る」というのが成功の最大要因…(p.39

・「誰に送るのか」だ(p.43

・…「売り方」を変える…(p.44

    まずは、お客様の流出を止める

    その後から、新しいお客様を増やしていく(p.56

・…当店に多くの累計売上げを置いて帰ってくれたお客様。そのお客様から「いいお客様」と判断するのだ。(p.60

・…商売は、「特定少数」のお客様に支えられて成り立っている…(p.62

・顧客管理とは…来なくならないようにすること…(p.66

・…最低年4回、定期的に手紙を送ってほしい。(p.87

・…お客様が値引きに慣れてしまう…(p.96

・お客様に飽きさせない。忘れさせない。(p.106

・…効果的なニュースレター作成には、肝に銘じておくべき重要なポイントがある。

    基本は売り込まないこと

    続けること

    すべてのお客様には送らないこと

    商品を売る前に人を売ること

    お客様を気にすること

    プロとしての知識・情報・見解をきちんと伝えること

⑦   きちんと「売り込む」こと(p.111