読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

伊賀泰代『生産性――マッキンゼーが組織と人財に求め続けるもの』を読んで

 

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

 

 すべてのビジネスパーソンにおすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・生産性を上げるには、「成果を上げる」と「投入資源量を減らす」というふたつの方法があると理解したうえで、安易に投入資源量を増やさないこと、そして、コスト削減だけでなく付加価値を上げる方法も併せて考えることが必要…(p.33)
・<生産性を上げる四つの方法>
① 改善=インプルーブメントにより、投入資源を小さくする
② 革新=イノベーションにより、投入資源を小さくする
③ 改善=インプルーブメントにより、成果を大きくする
④ 革新=イノベーションにより、成果を大きくする(p.43)
・組織全体で生産性の概念をより深く理解し、毎年、不断に生産性を上げていくのだという強い気持ちを組織全体で共有することにより、「Time for innovation」と「Motivation for innovation」を着実につくり出していく…(p.67)
・大事なのは会議の時間(=量)を短くすることではなく、会議の質をコントロール(向上)すること…(p.69)
・…問題の本質は「残業を少なくすること」=量のコントロールではなく、「仕事の生産性を上げること」=質のコントロール(向上)…(p.71)
・…成長する=生産性が上がるとは、
① 今まで何時間かかってもできなかったことが、できるようになった
② 今まで何時間もかかっていたことが、一時間でできるようになった
③ 今まで一時間かかって達成していた成果よりはるかに高い成果を、同じ一時間で達成できるようになった
④ ②や③で手に入った時間が、別の「今まで何時間かけてもできなかったこと」のために使われ、①に戻る(p.76-77)
・生産性とは、「一定の成果を生み出すために、どれだけの資源が使われたか」という比率、もしくは「一定の資源を使って、どれだけの成果を生み出したか」という比率…この生産性を、昨年よりどれだけ上げたかという「比率の変化率」を評価に使うことで、異なる部門の横比較が可能になる…(p.83-84)
・組織の生産性向上に特に効果的なのは、定期的に不要な仕事を洗い出す“業務仕分け”を導入することです。(p.145)
・…「ゴールが何であるかを、スタート時点で意識しておく」…(p.186)

インギレアリー,レオナルド・ソロモン,ミカ『リッツ・カールトン 超一流サービスの教科書』を読んで

 

リッツ・カールトン 超一流サービスの教科書

リッツ・カールトン 超一流サービスの教科書

 

 サービス業に従事する方におすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・…お客さまと一対一で向き合い、心から信頼され支持される関係を築いていく…(p.11)
・お客さまがなにを必要としているのかを…予想し、お客さまが意思表示する前に…対応した時に、魔法が起きる…先を読んで必要なことを提供した時に。(p.16)
・お客さまはつぎの4つの要素を継続的に経験すると満足を味わう。
1 完全な商品
2 気配りの感じられる引き渡し
3 ぴったりのタイミング
4 トラブルを適切に解決するプロセス…(p.20)
・トラブルが発生して初めて、お客さまにわたしたちのサービスの真髄をごらんにいれる機会ができる…(p.28)
・組織をあげて、きくことを重視しよう。(p.39)
・すみやかな対応、会社全体で、その場限りではない…(p.59)
・お客さまからのクレームには全員が対処すべきだ…すべてのスタッフが多少でもサービスに関わることだ…(p.73)
・同じ不備が二度起きたらプロセスの欠陥と考えるべきである。プロセスそのものに手を加えることが解決策である。(p.113)

倉島保美『論理が伝わる 世界標準の「書く技術」――「パラグラフ・ライティング」入門』を読んで

 

論理が伝わる 世界標準の「書く技術」 (ブルーバックス)

論理が伝わる 世界標準の「書く技術」 (ブルーバックス)

 

 論理的な書き方を身につけたい方におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・伝わる文章は、次の3つの条件を満たしています。
1. 大事なポイントが30秒で伝わる
2. 詳細もごく短い時間で読める
3. 内容が論理的で説得力を持つ(p.14)
・伝わらないのは、読み手ではなく、書き手の責任です。(p.19)
・ロジックの構成単位とレイアウトの固まりが一致すると、文章は伝わりやすく、論理的になります。(p.31)
・文章の最初と最後が強調のポジションです…文章では最初の強調のポジションがより重要です。(p.42-43)
・情報は数を絞ると記憶に残ります…数を絞るときには3を基調にまとめると効果的です。(p.44)
・パラグラフを使って文章を書くと、主に次の4つの効果が期待できます。
●(読み手は)ロジックを正確に理解できる
●(読み手は)速読できる
●(書き手は)情報のバランスを取って書ける
●(書き手は)より論理的にまとめられる(p.76)
・1つのパラグラフでは1つのトピックだけを述べます。(p.86)
・パラグラフの先頭には、そのパラグラフで言いたいトピックを示した文(=要約文)を置きます。(p.96)
・パラグラフを要約文で始めるにあたっては…
●具体的に書く
●簡潔に書く
●キーワードを文頭にして書く(p.106)
・パラグラフでは、要約文の後、補足情報の文章によって、そのトピックをより詳しく説明します…(p.114)
・補足情報は、次の3つのいずれかで書きます。
●どういう意味か(What)
●なぜそう言えるか(Why)
●どれだけ重要か(How)(p.120)

・ロジックは、複数のパラグラフを縦につなげたり、横に並べたりしながら構成します。(p.132)

・パラグラフを揃えて表現すると…

●(読み手は)容易に理解できる
●(書き手は)情報の漏れを防止できる

●(書き手は)楽に文章を作成できる(p.152)

・パラグラフ中を既知から未知につなぐと…
●(読み手は)読んでいく端から理解できる
●(書き手は)論理の飛躍を防止できる
●(書き手は)文章が速く書ける(p.168)

岡本達彦『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法――チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!』を読んで

 

 中小企業/商店主の方におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・…売れるチラシ・DM・ホームページをつくるために必要な情報は、あなたではなくあなたのお客様が持っている…自分のお客様に…自分の商品やサービスの魅力を聞く…(p.3)
・…お客様の気持ち(悩み、欲求、不安など)をよく理解し、チラシ・DM・ホームページに反映できているか、できていないか…(p.23)
・…効果的にお客様の声を集めることができるのが、「A4」1枚アンケート…(p.26)
・…「お客様が何を求めているのか」「自社の強みは何なのか」を常に把握することが大切…(p.28)
・人は商品が欲しいのではありません。商品を購入することで悩み・欲求・不便を解消したいのです。(p.50)
・「A4」1枚アンケート5つの質問
Q1 「商品を買う前に、どんなことで悩んでいましたか?」(第1段階:欲求発生)
Q2 「何でこの商品を知りましたか?」(第2段階:情報収集)
Q3 「(商品名)を知ってすぐに購入しましたか?もし購入しなかったとしたら、どんなことが不安になりましたか?」(第3段階:購入不安)
Q4 いろいろな商品がある中で、何が決め手となってこの商品を購入しましたか?(第4段階:購入実行)
Q5 実際に使ってみていかがですか?(第5段階:購入評価)(p.61)
・…100人ぐらいのお客様にアンケートを取ると、共通するキーワードや自分のお店や自分の会社のターゲットとすべきお客様が見えてきて、自社の強みがハッキリとわかってくる…(p.77)

高橋さきの・深井裕美子・井口耕二・高橋聡『できる翻訳者になるために プロフェッショナル4人が本気で教える 翻訳のレッスン』を読んで

 

できる翻訳者になるために プロフェッショナル4人が本気で教える 翻訳のレッスン (講談社パワー・イングリッシュ)

できる翻訳者になるために プロフェッショナル4人が本気で教える 翻訳のレッスン (講談社パワー・イングリッシュ)

 

 翻訳に関心をお持ちの方におすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を一部引用します。

・最近の翻訳業界は、残念ながら明るい話があまりありません…一番の要因は景気の低迷でしょう…もうひとつの要因は海外との競争です…翻訳者に対する単価も引き下げられる…納期の短縮は…問題があります…じっくり考える時間がなくなったり、ひとつの文書が複数の翻訳者に分割されて全体像が見えなくなったり…新しい仕事…機械翻訳…質の悪い翻訳のリライト。(p.5)
・私は業界の状況を視野に入れつつ、自分が10年後や20年後、あるいは30年後にどういう翻訳者になりたいのかを考えて行動すべきだと思います。(p.6)
・…自分の強みは伸ばし、弱みとなる穴は埋めたり避けたりする必要があります。(p.7)
・どういう道を選ぶにせよ、必要になるものがあります。「翻訳の力」です…①原文に書かれていることをきちんと読み取る…②原文と訳文で同じ情報を受け取れるようにする…③訳文の完成度を高める…「原文を読むときは自分の感覚を信じて読む。同時に、自分の感覚を疑って調べる。訳文を書くときは自分の感覚を信じて書く。同時に、自分の感覚を疑って調べる」(p.9-10)
・…仕事としての翻訳はお客さんが求めるものを納めるのが最優先…(p.29)
・…自分が今何をしているかっていうことをきちんと自覚的にやる…(p.40)
・…ターゲットオーディエンスを意識しろ…(p.41)
・…「読みに始まって読みに終わる」…(p.43)
・…全体の調整がすごく大事…(p.50)
・計画的であることや、きちんとしていること、それとマメさとか、この仕事では大事だと思う。(p.50)
・これからとりかかる文章の量がどれくらいあるかを計り、今後の作業計画を立てる…(p.56)
・翻訳をするたびに、「原文のワード数」と「かかった時間」そして「時速」を記録…(p.58)
・翻訳者の仕事は…原文作者が伝えたいことを過不足なく訳文の読者に伝えることです。そのためには、原文についてよく理解しておく必要があります。(p.62)
・…すべての翻訳において、まず初めにすべきは「誰に読んでもらうか・見てもらうか」を決めること…(p.65)
・今度は書き手について調べましょう。どんな背景を持つ、どんな人物が書いたのでしょうか。(p.66)
・…訳出時に「どうしてそう訳したか」を常に説明できるようにしておくこと…「少しでも多くのことを考えて翻訳する」…数やるしかない…基礎体力を作る。基礎練習を大切にして反復する。たくさん練習する。考えながら練習する。仲間と練習する。うまい人と練習する。人に見てもらう。アドバイスしてもらう。直してもらう。技術を盗む。いい試合を見る。毎日欠かさず接する…(p.178)
・…良い文章をたくさん読む…読み手を意識して推敲しながら書く訓練…いい日本語を読む。ときには書き写す。自分で書いてみる。(p.179)

宮野公樹『研究発表のためのスライドデザイン――「わかりやすいスライド」作りのルール』を読んで

 

研究発表のためのスライドデザイン (ブルーバックス)

研究発表のためのスライドデザイン (ブルーバックス)

 

 研究者を目指される方におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。


① 伝えたいことが一番目立つ…外見的要因
② その内容がすんなり理解できる…中身的要因(p.16)
・「わかりやすいスライド」を目指すには、聴衆の脳に余計な負担をかけさせないことが大切であり、把握したり、理解したいするための努力を強いずに「伝わってしまう」のが、理想のスライド…(p.17)
・…プレゼンに掲載するすべての要素が、「結論を伝える」ためのみに存在する!…(p.21)
・スライドに掲載する情報が満たすべき条件…
① 「AだからB」という原因と結果の関係を自然に受け入れられるか
② すべての聴衆が理解できる言葉になっているか
③ 複数の解釈が存在していないか(p.29)
・プレゼンの構築において意識すべきなのが当日の「場」と「聴衆」…(p.34)
・…「オリジナリティはあるか?」「客観的・論理的か?」「正確か?」…(p.37)
・スライドの作成で基本概念となるのは、「スライド1枚=伝えたいメッセージ1つ」…(p.45)
・Keep it short and simple(短く、単純にする)(p.50)
・スライドの文章を簡潔にするとき、判断基準となるのは「そのスライドでメッセージを伝えるのに必要かどうか」です。(p.52)
・…「口頭説明なしでもメッセージが伝わるスライド」…(p.56)

手法1……コントラスト
手法2……グルーピング
手法3……イラストレーション(p.60)
・文章で説明する内容を図に表すことで、聴衆が文章を読む負担を軽減し、短時間で視覚的に内容を理解できるようになる…(p.70)
・書体の選択次第で、スライド上の文章の読みやすさ、見やすさ、見栄えのよさ、さらにはスライド全体の印象も大きく変わります…一般的には、プレゼンではゴシック体がよく使われます。(p.87)

●ゴシック体…力強い印象。説得力、正義感を感じる
明朝体…フォーマルで格調高い印象。知性、冷静さを感じる(p.89)
・配色の原則では、1つのスライド上で使う色を、ベース色、メイン色、アクセント色の3つに絞ります…「ベース色:70%、メイン色:20%、アクセント色:10%」…すべてのスライドで共通させることが重要…(p.105-107)
・…「データで聴衆に何を伝えたいのか」…「聴衆がデータを見て知りたいことは何か」…(p.110)

三枝匡『ザ・会社改造――340人からグローバル1万人企業へ』を読んで

 

 ビジネスパーソンにおすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を一部引用します。

・改革や事業再生の成否は、事前にどれほど正確に思索と戦略の組み立てを重ねるかにかかっている。事業の何が問題なのか、その「真因」を正確に見立てなければならない。(p.11)
・…プロ経営者…
1 どんな状況の会社に行っても、短期間で「問題の本質」を発見できる人。
2 それを幹部や社員に「シンプル」に説明できる人。
3 それに基づいて幹部や社員の心と行動を「束ね」、組織の前進を図れる人。
4 そしてもちろん、最後に成果を出せる人…
5 業種、規模、組織カルチャーなどの違いを超えて、どこの企業に行っても通じる「汎用的」な経営スキル、戦略能力、企業家マインドを蓄積している。
6 その裏づけとして、プロ経営者は、過去に修羅場を含む「豊富な経営経験」を積んでいる難しい状況に直面しても…平然としていられる…
7 プロには自然に「それなりの高いお金」がついてくる。(p.18-19)
・…待ちの姿勢でいると何も見えてこない。(p.28)
・経営を目指す人にとって「時間の戦略」は必修科目である…企業の競争性を高めるには、社内の仕事のプロセスを見直して「時間短縮」の武器を導入する必要がある。(p.37)
・私(著者)の考えでは、経営者の優劣はフレームワークの有無で決まる…有能なリーダーほどフレームワークをたくさん持っていて、場面ごとに…使い分けていく。(p.41-42)
・自論フレームワークを生み出し、それを自ら冷蔵庫に蓄積し、将来の事件に「適用」するというプロセスが、リーダー能力の向上を生む。(p.44)
・事業のシナジーが得られるのは、①事業・商品に関連性がある、②共通の技術を使っている、③市場・顧客が重なっている、④販売チャネルが重なっている、⑤既存のブランドイメージを利用できる、⑥競争相手が同じなので戦略上の連動効果がある、⑦勝ち戦に至る重要な競争要因が同じで、こちらはその戦いに慣れている、⑧必要とされる社内組織の強みが同じなのでそれを使える…(p.47-48)
・事業戦略が生み出す「仕組みによる強さ」が必要なのだ。(p.48)
・大切なことは、狙う市場は小さくてもいいから、そのなかで圧倒的なナンバーワンを目指すこと…(p.51)
・時間がかかってもいいから、正しいことをしろ、中途半端に妥協するな、理想像に到達することにこだわり続けろ…(p.79)
・日本企業を元気にするポイントは、人減らしの発想ではなく、≪いま、そこにいる人々≫の目を輝かせる手法を追求すること…(p.80)
・「シンプルなストーリー」と「熱い語り」の組み合わせが、人々を束にして熱い行動に向かわせるのである。(p.91)
・経営リテラシーは、座学で取得した論理を、経営現場で試し、失敗と成功を繰り返すことで高まっていく。(p.102)
・経営や戦略のことなど深く考えてこなかった連中に、自分で考える癖をつけてもらう…(p.104-105)
・個々の商品や顧客、社員、行動…などに迫り、「なぜ」を繰り返す。謎解きは「しつこく迫る」ことが必須だ。(p.110)
・…その事業が「今後どれくらい伸びるか」…「いま勝っているか、負けているか、その勝負は今後どうなるか」…その事業が「儲かっているか、損しているか、将来はどうなるか」…この単純さこそが、PPMの強さであり、それが現代にも脈々と生きる有用性を提供している。(p.115)
・戦略とは、①「戦場・敵」の動きを、②俯瞰し、③自分の「強み弱み」から、④「勝負のカギ」と、⑤「選択肢」を見極め、⑥「リスクバランス」を図りつつ、⑦「絞りと集中」によって、⑧所定の「時間軸」内で勝ち戦を収めるための、⑨「ロジック」である。そして、⑩その戦略の「実行手順」を、⑪「長期シナリオ」として、⑫「組織内に示すもの」である。まだ実行していないことを描く戦略は常に「仮説」であり、その良し悪し…を判断する決め手は「論理(ロジック)の強さ」である…(p.121)
・大切なのは、「これが自分の基軸理論だ」というものをひとつでいいから徹底的に勉強し、現場での適用を含めてそれを身につけることだ。(p.127)
・「顧客が認めるミスミの『強み』を強化し、『弱み』を減らす方策を整理できれば、それがその商品を伸ばすための『打ち手』になる」(p.129)
・…「価値」を数値化できないだろうか。(p.130)
・成功する改革案は、論理的な正しさが大前提だが、それに加えて、社員の心に訴えるストーリー性ないしドラマの匂いを与えなければならない。(p.136)
・…プレゼンの上手い、下手の分かれ目は…ロジック…聞き手に理解してもらえるストーリー性。(p.138)
・「考え抜く」ことは、リーダーシップの重要な要素…(p.166)
・上から見ていて必要なときに現場に踏み込む。そして、実行すべきことが部下の「手に負える大きさ」に分解され再定義されたうえで、これなら実行できるという部下がその場にいることを確認したら、トップはさっとそこから離れる。(p.170-171)

●競合反応を水面下で開始させる事前露出は、できるだけ遅らせよ。
●露出を始めたら、一気呵成の一本勝負で仕掛けよ。
●そのために必要な社内の戦闘態勢は事前に完全に整え、満を持して撃って出よ。緒戦で一気に、意味ある市場ポジションを確保せよ。(p.211)
・与えられた「場」をモノにできるかどうかは、本人次第だ。(p.293)
・経営者人材は、経験したことがない分野に携わる機会を得ると、そのたびに自身の経営技量を多面化させていく。それによって、経営技量を多面化させていく。(p.294)
・元気な事業、元気な会社を保ち続けるためのキーワードは「変化し続ける」こと…(p.420)