読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

大岩俊之『読書が「知識」と「行動」に変わる本』を読んで

 

読書が「知識」と「行動」に変わる本 (アスカビジネス)

読書が「知識」と「行動」に変わる本 (アスカビジネス)

 

 読書ならびに自己啓発に関心をお持ちの方におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

目的をきちんと決めて、「この本から何を得たいのか?」を意識しながら読み進めることにより、確実にフォーカスが当たり、得たい情報を見つけやすくなります。(p.16)

本に関する「質問」を決めて、その「質問」の答えとなる箇所を、本の中から探し出す…そのためには以下のステップで進めることが大切です。

  1. ゴールを認識し、本を読む目的を決める
  2. 簡単に概略をつかむため、はじめに、目次、おわりになどを確認する
  3. 質問を決める(掘り下げた目的を考える)(p.18-19)

・読書をするときにまず確認してほしいのは、次の3箇所です。

 ・はじめに

 ・目次

 ・おわりに

「はじめに」に本の要素のすべてが詰まっている…本の概要把握に役立ててください…目次を見れば、本の全体の内容がつかめます…「おわりに」…を読むことによって、著者が「こんなことが言いたかったのだ!」ということを再認識したり、「こんな苦労話があったのだ!」と知ったり、出版に「このような人が関わっていたのだ!」というのがわかったりします。(p.22-25)

時間を意識すると非常に効率が良くなります。それを、読書にも取り入れてください。(p.27)

アウトプットするとは、「人に話すこと」「書くこと」アマゾンレビューに書いてみたり、ブログ、フェイスブックに本の内容をまとめ、人に紹介したりする…(p.32-34)

・…本を借りているうちは、「本から何かを真剣に受け取ろう!」という意識が低い…1回目の読書で気づかなかったものが、2回目の読書で気づくことがあります。3回目の読書で、良書だと気づくことがあります。借りた本だと、これらに気づく可能性が、どうしても低くなってしまいます…人は身銭を切らないと痛みを感じないものです。お金をかければ、それを回収しようと、何とか行動します。行動の面から考えても、身銭を切って本を購入してください。(p.41-42)

「読書ノート」にまとめることによって、知識や情報を整理し、記憶に定着させることができます...何度も読み返し、内容を反復することで記憶の定着を促します。(p.44)

自分が重要だと思うところにマーキングをすることで、あとで自分にしかわからない自分専用の本を作り出している…(p.48)

・…本の中身をまとめていく方法を説明します。

  • 本の一部をそのまま抜き出す

 

 …

  • 要約したり、箇条書きにしたりする

 

...

  • 自分の感想や考えを入れる(p.53-54)

 

・読書でも…反復することで、内容を覚えていられるようになります…実際に、1冊の本を2回、3回と読む方は、ほとんどいません…読む回数が増えるごとに、違う角度から本の内容を理解できるようになったりします。(p.84-85)

・…本を読みながら、感情を動かす…感情が動くようになると…記憶に残るようになります。(p.92)

「自分が理解したければ、人に教えよ!」「今度、この本の内容を誰々に説明しよう!」と意識する…(p.94)

・…自分で考えた物語の方が…しっかり頭の中に残り、覚えることができる…(p.97)

・この頭文字を使って覚える方法は、順番に沿って覚えなければならないときに、特に効果が発揮される方法いっぺんにいくつものことを覚えなければならないときにも役立ちます。(p.104)

・読書…行動してはじめて効果があるものです…著者と同じ行動、もしくは本に書いてある方法を試すことで、成果を出せるものが、いくつかある細かい行動に分けて、ひとつひとつステップを進んでいけば…(p.118-120)

読んだ本の内容から、行動目標を決め、実際に行動していく行動目標は、「何を、いつまでに、どれだけ」…具体的に数字で表した方がいい…(p.122-124)

・…必ず実行に移すためにも、やっていただきたいことがあります。それは、「誰かに宣言する!」ということです…人に話さなくても、Facebookツイッター、ブログなどに書くというのもありです…行動できた方は、自分が宣言した人に、結果を教えてあげてください。(p.161-164)