読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

渡辺和子『置かれた場所で咲きなさい』を読んで

 

置かれた場所で咲きなさい

置かれた場所で咲きなさい

 

 人生を生きていくうえで、学びの多い良書。以下に心に響いた箇所を引用します。

・どんなところに置かれても花を咲かせる心を持ち続けよう。(p.15)

・働くことはすばらしい。しかし、仕事の奴隷になってはいけない。(p.18)

・人間は不完全で弱い者ですから、すべてを自分一人でやり遂げることは不可能で、他人に委ねる部分、頼んでしてもらうこと、分担することが必要です…委ねるに際しては、相手を信頼しなければいけない…委ねるということは、決して“丸投げ”することではなく、要所要所でチェックをして、委ねっ放しでないことを相手にもわからせるということ…一番大切なことは、委ねた結果がよかった時は、その人の功績とするけれども、結果が悪かった時は自分が悪者となることを恐れないということです。(p.19-20)

・苦しい峠でも必ず、下り坂になる。(p.24)

・現実が変わらないなら、悩みに対する心の持ちようを変えてみる。(p.27)

・自分が積極的に動いて、初めて幸せを手に入れることができる。(p.30)

・求めなさい。そうすれば与えられる。(p.34)

・きれいさはお金で買えるが、心の美しさは買えない。(p.46)

・価値観は言葉以上に、実行している人の姿によって伝えられる。(p.49)

・子どもは親や教師の「いう通り」にならないが、「する通り」になる。(p.52)

・まず考え、次に感じ、その後に行動する。(p.55)

・いい出会いにするためには、自分が苦労をして出会いを育てなければならない。(p.58)

・何もできなくていい。ただ笑顔でいよう。(p.63)

・苦しいからこそ、もうちょっと生きてみる。(p.66)

・“あなたが大切だ”と誰かにいってもらえるだけで、生きてゆける。(p.71)

・人生にポッカリ開いた穴からこれまで見えなかったものが見えてくる。(p.76)

・ありのまま受け入れた時、相手の秘めた可能性が開花する。(p.82)

・倒れても立ち上がり、歩き続けることが大切。(p.85)

・希望には叶わないものもあるが、大切なのは希望を持ち続けること。(p.88)

・一生の終わりに残るものは、我々が集めたものでなく、我々が与えたものだ。(p.102)

・失ったものを嘆いても前には進めない。悩みを抱えている自分も大切に。(p.108)

・神は決して、あなたの力に余る試練を与えない。(p.111)

・老いは人間をより個性的にするチャンス。(p.116)

・迷うことができるのも、一つの恵み。(p.119)

・あいさつは「あなたは大切な人」と伝える最良の手段。(p.126)

・いつ、何が起きるかわからないから、いつも準備しておく。(p.134)

・信頼は98%。あとの2%は相手が間違った時の許しのために取っておく。(p.139)

・大切なのは「人のために進んで何かをする」こと。(p.144)

・相手を生かすぬくもりのある言葉を使える自分でありたい。(p.151)

・「ていねいに生きる」とは、自分に与えられた試練さえも、両手でいただくこと。(p.157)