Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

ドーテン,デイル『仕事は楽しいかね?』を読んで

 

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?

 

 あらゆるビジネスパーソンにおすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

『試してみることに失敗はない』(p.29)

今日の目標は明日のマンネリ“明日は今日とは違う自分になる”だよ。(p.39)

これは僕の大好きな言葉の一つなんだ。“遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る”(p.45)

必要は発明の母かもしれない。だけど、偶然は発明の父なんだ。(p.61)

目標に関するきみの問題は、世の中は、きみの目標が達成されるまで、じーっと待っていたりしないということだよ。(p.73)

成功するというのはね、右に倣えをしないっていうことなんだ。(p.75)

・「他人を凌ぎたいと思うなら、まず最初に越えるべき、だけど一番難しいステップは、“並みの人”をやめることだ」…「一つは、“適切な時”とか“完璧な機会”なんてものはないということ。これは<この場で><ただちに>始めるということだ。もう一つは、パッと浮かぶ考えはたいてい使い古されたものだし、パッと浮かんだわけではない考えの多くもやっぱり使い古されたものだということ。とどのつまりはこういうことだ。<一か八かの賭けをしないなら、チャンスなど一つもない>」(p.83-84)

きみたちの事業は、試してみた結果、失敗に終わったんじゃない。試すこと自体が欠落してたんだ。(p.86)

・「ある事柄が完璧だと決め込んでしまったら、その事柄はそれ以上よくならず、ライバルに追い抜かれるのをただ待つだけだ。その結果言えるのは…“完璧とは、ダメになる過程の第一段階”ってことだ。(p.87-88)

人は、変化は大嫌いだが、試してみることは大好きなんだ。(p.89)

あらゆるものを変えて、さらにもう一度変えること、なんだよ。(p.98)

“あるべき状態より、良くあること”なんだ。(p.108)

問題は、平均より上の人があまりに多くて、みんな普通になってしまっているってこと(p.110)

僕たちはね、失敗するのを怖がりすぎて、それが宇宙からの贈り物だってことに気づこうとしないんだ。(p.118)

・『<あらゆること>をしろ。素晴らしいアイデアは、どこからやってくるかわからないのだから』ですね(p.123-124)

・…できることはどんどん変えてごらん…好奇心を旺盛にすること。(p.129)

・リストを三つ、つくるんだ。まず、仕事上でやったミスを全部書き出すこと…次は、問題点を書き出すこと。仕事に関してイライラすることを残らず並べるんだ…最後に、仕事に関してやっているすべてのことをリストアップすること。あらゆることを変えるには、まず<あらゆること>とは何かというリストをつくる必要がある…箇条書きにするといい…一度書いたら、二度と書かないこと…つねにリストを変化させること。そして、三つのリストを目につきやすいところに置いて、毎日読むこと。(p.129-131)

“試すことは簡単だが、変えるのは難しい”…(p.149)

新しいアイデアというのは、新しい場所に置かれた古いアイデアなんだ。(p.157)

多くの人はアイデアは持っていないでも、考えは持ってるんだよ。(p.163)

きみが“試すこと”に喜びを見い出してくれるとくれるといいな。「アイデアをいっぱい持つこと。ありとあらゆることをやってみること。明日は今日とは違う自分になること。(p.168)