読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

岩泉拓哉『「営業の基本」がしっかり身につく本』を読んで

 

「営業の基本」がしっかり身につく本

「営業の基本」がしっかり身につく本

 

 自営業の方、営業職の方におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・…どうやって数字を上げるか...ポイントは一つ。まず自分自身を磨くことである。(p.3)

・…セールスはマニュアル通りでは絶対うまくいかない。お客は一人一人違う人間なのだ…マニュアルを自分なりに“加工”することが重要になるのである…では、その付加価値とは何だろうか?それは、営業マンのトータルの人間性である。(p.16-17)

売れない理由を探すより、どうしたら売れるのかを考えて、具体的にどんどん行動してほしい。(p.20)

最も大切なのは“熱意”である。(p.21)

たくさんのお客に会う努力をすれば、それだけ多く嫌な思いをするかもしれない。しかし、その経験が自分を大きくしてくれる…(p.27)

お客への思いやりや誠実さがないと、人の心を動かすことはできない。(p.33)

筆は魔法の杖だ一枚のハガキを書くことで、お客との心理的距離はぐんと縮まる。(p.39)

セールスカバンは営業マンの命だ…出かける前に今日の行動パターンを頭に描きながら必要なツールを揃える。(p.46)

・意外と知らないのが自分の声である…テープレコーダーに吹き込んでみると…自分なりの欠点がわかる。(p.57)

冬場のコートはお客の家の玄関先で必ず脱ぐこと。(p.63)

できる営業マンは、間違いなく聞き上手だ。まず相手の話を聞くことから始めるのが、セールスの基本である。(p.64)

営業マンは、もっと相手の心理を揺さぶる工夫をすべきなのである。(p.68)

・…ビジネスパーソンは行動が正確でなくてはならない。その要となるのが時間の厳守なのである。(p.79)

「チャンスは無限にある」…(p.92)

・…信頼関係を訪問のたびに築き上げていく…(p.97)

・商談を進めるにあたって、誰が決定権を持っているのかを探りながらプッシュしなければならない。(p.104)

①利益を与えられること

②必要性があること

③好奇心・興味が刺激されること

④愛情を示されること

⑤恐怖心・不安感をあおられること(p.114)

 ・同じやり方でダメなものは何度やってもダメなものだ。視点を変えてアプローチすれば、必ず別の攻め口が見えてくる。(p.135)

「新しいことをやってみよう。それも勉強だ。焦ることはない」と意識を変えてみれば、意外と早くスランプから抜け出せる。(p.200)

ビジネスはギブ・アンド・テイクである。もらうばかりでは人は離れていく。まず「与える」こと。与え続けること。(p.226)