読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

小澤竹俊『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』を読んで

 

今日が人生最後の日だと思って生きなさい

今日が人生最後の日だと思って生きなさい

 

 人生を歩んでいくうえで、学びを多く与えてくれる一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・人によって、大切なもの、生きる支えとなるものは異なります。患者さん自身が心から望む「ありのまま」を尊重すること。それが患者さんにとって、一番幸せなこと…(p.18)
・一見平凡な日々を、たんたんと長く積み重ねていく日常。一時的に何かに集中したり、日常を振り返ったりする機会を与えてくれる非日常。人ができるだけ悔いなく、「よく生きる」ためには、日常と非日常、両方の大切さを知り、使い分けていく必要がある…(p.24)
・…「今日が人生最後の日だったら」と想像し、もし「やっておかなければ、絶対に後悔する」ということがあれば、健康なうちに手をつけておいてもよいかもしれません。(p.30)
・…何の疑問もなく「明日のことを語ることができる」というのは、それだけで大変な宝物を手にしているようなものです。(p.41)
・…いつでも食事をとることができ、好きなときにトイレに行き、お風呂に入れること。外出が自由にでき、仕事の内容や将来の夢を自分で決められること。それはとても恵まれた、幸せなことです。(p.45-46)
・「大切だからこそ、手放し、大事な人に任せよう」…(p.50)
・自分を支えてくれた存在に感謝している。自分が大切に思ってきたことを人に伝えられる。自分が果たしてきた役割は、後世に引き継がれていく。人生の最後にそう思うことができれば、その人は幸せなのではないでしょうか。(p.57)
・死を前にした親が子に望むのは「人格」と「人望」(p.62)
・…人が真の意味で「よく生きる」ためには、苦しみと向き合い、そこから学ぶことが不可欠…(p.83)
・…「苦しみは、希望と現実のギャップから生まれる」…(p.87)
・まずは、「自分が、解決できない苦しみを抱えている」という事実を認め、受け入れてみましょう。そのうえで、「苦しみを抱えながら穏やかに生きるにはどうすればいいか」を考えたとき、きっと自分にとって大切な存在、支えになってくれる存在に気づくことができるはずです。(p.94)
・相手の話を丁寧に聴き、反復すること。相手の苦しみを、共に味わうこと。(p.111)
・人は本来、とても弱い生き物です。でも、誰かと支え合うことで、強くなることができます。(p.121)
・〔ディグニティブセラピーの質問〕
●あなたの人生において、特に記憶に残っていることや最も大切だと考えていることは、どんなことでしょう?あなたが一番生き生きとしていたのは、いつ頃ですか?
●あなた自身について、大切な人に知っておいてほしいこととか憶えておいてもらいたいことが、何か特別にありますか?
●(家族、職業、地域活動などにおいて)あなたが人生において果たした役割のうち、最も大切なものは、何でしょう?なぜそれはあなたにとって重要なのでしょう?あなたはなぜそれを成し遂げたのだと思いますか?
●あなたにとって、最も重要な達成は何でしょうか?何に一番誇りを感じていますか?
●大切な人に言っておかなければならないと未だに感じていることとか、もう一度話しておきたいことが、ありますか?
●大切な人に対するあなたの希望や夢は、どんなことでしょう?
●あなたが人生から学んだことで、他の人たちに伝えておきたいことは、どんなことですか?残しておきたいアドバイスないし導きの言葉は、どんなものでしょう?
●将来、大切な人の役に立つように、残しておきたい言葉ないし指示などはありますか?
●この永久記録を作るにあたって、含めておきたいものが他にありますか?(p.126-127)
・…最後の瞬間まで相手の気持ちを思いやる。(p.137)