読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

西田文郎(監修)・西田一見(著)『ビジネスNo.1理論――「勝ちグセ脳」をつくる3つの力』を読んで

 

ビジネスNo.1理論 (「勝ちグセ脳」をつくる3つの力)

ビジネスNo.1理論 (「勝ちグセ脳」をつくる3つの力)

 

 自己啓発に関心のあるビジネスパーソンにおすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・成功者とは勝ちグセのついた人のこと…
① 成信力……成功を信じる力
② 苦楽力……苦労・努力を楽しむ力
③ 他喜力……まわりの人を喜ばせる力(p.2-3)
・人と人のつながりそのものであるビジネスのカギも「他喜力」にある…(p.5)
・No.1になれる人と、なれない人との能力の差…「常識の枠」があるか、ないか。(p.21)
・では、天才に共通する思考とは何か…「必ず実現する」と確信していること…(p.37)
・いくらその仕事が重要であるとわかっていても、「楽しい」という感情がなければ、あなたは仕事で成果を発揮できないのです。(p.70)

① 目標達成している様子をありありとイメージする。
② そして、そのイメージを持ち続ける。
③ すると、イメージを実現しようという願望が生まれ、願望が行動を続けさせる。(p.74)

① 計画を実行に移す前に、危機管理ができている...
② 実行段階では、途中で何があっても最善を求め続ける…
③ 実行中は絶えず問題点のチェックを行う…
④ 責任を持ち、結果を出していく (p.93-94)
・成功者は脳に「肯定的」な入出力をしている(p.106)
・「脳は、思ったことよりも、言葉や動作を信用する」(p.110)
・「プラス思考、プラス動作・表情」…まず、1つめは「マイナス言葉の言い換え」「マイナス動作・表情のやり換え」を行うことです…2つめは、この「マイナス言葉の言い換え」「マイナス動作・表情のやり換え」を3秒で行うクセをつけることです。(p.116-118)
・…人間は、人を喜ばせると自分もうれしくなる生き物…(p.130)
・「自分のため」に生きているうちは、自分を生かすことができない。
「人のため」に生きようにすると、自然と自分を生かすことができる。(p.149)