読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

加藤昌治『考具――考えるための道具、持っていますか?』を読んで

 

考具 ―考えるための道具、持っていますか?

考具 ―考えるための道具、持っていますか?

 

 アイデアが欲しいすべての人におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・「夢」、自分のやりたいことが[WHAT]、その夢を実現した「カタチ」が[HOW]。(p.20)
・「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」(p.25)
・「アイデアは企画の素である」…したがって、アイデアに完璧さは不要…(p.27)
・…既存のアイデアはたくさん知っていた方が有利です。(p.35)
・アイデアや企画につながる頭の使い方は、拡げて絞って、また拡げて絞る…拡げるときには奔放に…絞るときはシンプルに。(p.36)
・人の話を聞くことのもう一つの効能は、他の誰かの生活をほんのヒトコマですが共有できること…(p.59)
・ちょっとだけ、目を向ける、耳を立てる。(p.60)
・メモってください…その意義は手を動かすこと…メモすることの効用は、頭の中にあるものを外に出す作業をすることにある…(p.62-63)
一人二役、三役やってしまいましょう…やってみると分かること、が実はたくさんある…(p.72-73)
・課題解決のヒントを求めて現場に行くことです。そして取材してください…取材とは聞き出すことです。できる限りしつこくしつこく聞き出してみてください。(p.81-82)
・もう一つの取材のコツは「分解してしまうこと」。(p.84)
・現場を知っていると、企画に説得力が生まれます。(p.85)

① -1 普段からアイデアのネタ帳をいろいろ貯め込んでおく
① -2 目前の課題についての特殊知識や必要な情報をさらに頭に入れる
② -1 貯め込んだ情報の中から、使えそうなネタ素・情報を引っ張り出す
③ -2 引っ張り出したネタ素・情報を組み合わせて新しいアイデアを生む(p.88-89)
・普段の生活で積み重なった記憶を引っ張り出し、組み合わせるだけでも、新しいアイデアがたちどころに誕生する…(p.114)
・拡げて→まとめる…(p.140)
・オズボーンのチェックリストは全部で9カ条。
◇転用したら? 現在のままでの新しい使い道は?
◇応用したら? 似たものはないか? 真似はできないか?
◇変更したら? 意味、色、動きや臭い、形を変えたらどうなる?
◇拡大したら? 大きくする、長くする、頻度を増やす、時間を延ばすとどうなる?
◇縮小したら? 小さくする、短くする、軽くする、圧縮する、短時間にするとどうなる?
◇代用したら? 代わりになる人や物は?材料、場所などを代えられないか?
◇置換したら? 入れ替えたら、順番を変えたらどうなる?
◇逆転したら? 逆さまにしたら?上下左右・役割を反対にしたら?
◇結合したら? 合体、混ぜる、合わせたらどうなる?(p.148-149)
ブレーンストーミングには4つのルールがあります…
ルール1 他人の発言を批判しない
ルール2 自由奔放な発言を歓迎する。夢物語でもよい
ルール3 質より量を求める
ルール4 他人のアイデアに便乗する(p.153-154)

① 焦点を明確にする
② 遊び心のあるルール
③ アイデアを数える
④ 力を蓄積し、ジャンプする
⑤ 場所は記憶を呼び覚ます
⑥ 精神の筋肉をストレッチする
⑦ 身体を使う(p.154)
・ビジュアルで考えてください…「絵にならないもの」は企画として成立しません。(p.178-179)
・…とにかくアウトプットし続けること。(p.195)
・…自分の生み出したアイデアをノートに書いていく…アイデア出しに困ったときにはアイデアマラソンのノートを見返しましょう。過去のアイデアたちが今日のあなたを強力にサポートしてくれます。(p.197-198)
・…与えられた課題を変えてみる、ずらしてみる…(p.203)
・アイデアに行き詰まったら、質問、問いかけを拡げまくる。(p.212)