Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

キヨサキ,ロバート『金持ち父さんのお金を自分のために働かせる方法』を読んで

 

金持ち父さんの お金を自分のために働かせる方法

金持ち父さんの お金を自分のために働かせる方法

 

 お金に関心をお持ちの方にオススメの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・私の場合、「借金」は「お金」だ。何らかの新たな「資産」を生み出すために使うものだと考えている…「良い借金」では、借りたお金で資産を手に入れている。その不動産が収入を生み続けてくれるから、借金を返せるだけでなく、私たちにもお金が入り続ける。(p.12)
・株式や債券、投資信託といったペーパーアセットは情報源も多く、入りやすい金融商品であることは否定しない。だが簡単ゆえに危険が高いことも認識する必要がある。それは「価格」をコントロールできないからだ…一方、資産を持つことで定期的に得られるキャッシュフローは、景気や物価の上昇とは、あまり関係がない。(p.14)
・ほとんどの場合、税の優遇措置は…「B」(ビッグビジネス・オーナー)と「I」(投資家)に有利になるようにできている。だから、彼らの利益は最大になり、支払う税金は最小になる。(p.24)
・政府にあなたや私を救うことはできない。あなたを救えるのはあなた自身だけだ。(p.26)

アドバイス①目標を決め、プランを立てよ…
アドバイス②経済的な自立を目指せ…
アドバイス③チームワークを大切に…
アドバイス④ファイナンシャル教育を強化せよ…
アドバイス⑤間違いから学べ、そして笑ってやり続けよ…(p.31-33)
・…あなたを金持ちにしてくれるものは、「知識」と「その知識を現実に応用する能力」だ…いま最も重要なのは、あなたが、自分自身に対してファイナンシャル教育を施すことだ。(p.45)
・真の分散投資とは、次の四種類の資産すべてに投資することだ。
●ビジネス キャッシュフロー不労所得)を生む自分のビジネスを持つ。
●不動産 キャッシュフローを生む投資物件を持つ。
●ペーパーアセット 市場が上げても下げても儲かるテクニカル投資をする。
コモディティ(商品) 金や銀、石油などの商品で投資のリスクヘッジをする。
あなたが真の投資家になりたいなら、この四種類の資産のすべてに投資すべきだ。そして、そのうちの一種類か二種類の資産については、投資に精通した専門家のレベルに到達しなければならない。(p.51)
・抗議することや怒りではなく、ファイナンシャル教育であなたの頭をいっぱいにしよう。不満から生じるエネルギーを、あなた自身が新しいアイデアやヒントを生み出すエネルギーに転換しよう。自分のためにお金をどう活用できるのか、どう働かせればよいのかについて学ぼう。お金に関する知識を応用することで頭をいっぱいにしよう。四種類の資産について学び、自分が一番興味をひかれたものを選んで投資し、あなたの資産の価値を高めるようなビジネスを始めよう。不平不満を語っても世の中は変わらない。行動する人々によって変わる。(p.63)
・…ビジネスが倒れる主な理由は…「経験不足」と「誠実さの欠如」だ…ここで言う「誠実さ」とは、平たく言えば「初心を貫くこと」、「首尾一貫してブレないこと」だ。(p.67-68)
・金持ちになりたいなら、重大な決断を下す際に自分の無意識をコントロールできる術を学ぶことが非常に重要だ。(p.73)
・…考え方を変えるには、まず環境を変える必要がある。(p.75)
・金持ちがますます金持ちになるのは、彼らが、「お金のルール」を知っていて、そのルールを自分に有利になるように使う方法を心得ているからだ。(p.80)
・マイホームは「資産」ではない。「負債」だ。(p.86)
・…物件を「買うとき」にすでに儲けられるようにしておくことだ。適切なデュー・デリジェンス(物件の適正評価)を行うことによって…優良な取引を見つけることができる。(p.89)
・本物の「資産」になるかどうかは、その物件がキャッシュフローを生み出せるかどうかにかかっている。(p.90)
・…「まず資産を買って、その資産に負債を払わせる」…(p.102)
・あなたが、本当に成長したいと願うなら、何事にもリスクが伴うという事実を受け入れ、上手に間違いを犯す方法を身に付けることだ…自分が何を学んだのか、学ぶべきことは何だったのかを、じっくり考えよう。そして、あなたが得た学びや気付きを、前に進むために活用しよう。(p.140-141)
・たしかに「情報」は重要だが、もっと重要なのは「知識」だ。(p.147)
・…「投資から、つねにプラスのキャッシュフローを得られるようにしておくこと」…(p.155)
・…「まず自分に支払う」習慣を始めることが、将来のあなたの経済状態を良い方向へ導く一歩になる。(p.171)
・もう一つ重要なことは、日常の中の「ちょっとした気づき」だ…いまの世界で問題になっていることや足りないものに気づき、そこにチャンスを見出せるかどうかだ。(p.171-172)
・では、勝負の分かれ目は何だろうか。それは、収集した情報をもとに、いかに革新的に考え、いかに迅速に行動するかにつきる。(p.174)
・あなたが成功者になりたいなら、体重計に乗り、自分の財務諸表を読み、周囲からのフィードバックを「聞く耳」を育てよう。たとえそれが、どんなに耳障りな意見であってもだ。(p.193)
・他社が広告予算を削る中でどんどん宣伝する企業こそ、ますます成長するチャンスがある…(p.200)