読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

小川晋平・俣野成敏『一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?――仕事力を常に120%引き出す自己管理』を読んで

 

一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?

一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?

 

 ビジネスパーソンにおすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・…「成果を出すこと」を最優先して物事を決めていけば、少なくとも自分の好き嫌いだけで物事を判断しないようになれます。(p.21)
・私が早朝に集中タイムを確保しているのは、絶対に邪魔されない自分だけの時間を確保するためです。(p.22-23)
・習慣を変えることは、当たり前を見直すことです…本当に重要なら、なるべく一日の早い段階で行ってみてください。(p.24-25)
・行動を変えない限り、何も変わりません。
・…定期的にスケジュールに入れてしまえばいいのです…淡々と「ルール化」「理由づけ」「残存エネルギーの配分」をするのが習慣化のコツです…スケジュールは重要なことから埋めるのが基本。(p.39)
・自由な時間を増やす唯一の手段は、ムダを省くことです。(p.41)
・忘れる努力をするために取るのがメモの目的です。(p.46)
・少しでも成果を出したいならやる気スイッチが入った瞬間を見逃さないで、すぐにアクションを起こせば成果が期待できるということです。(p.48)
・昼休みは人も出払って電話も減るので、朝に続く第2の集中タイムになります。(p.55)
・リソース使いの達人になるポイントは、次の3点に集約されます。
① 自分のところで流れを止めない
② 他人の時間を価値に転換させる
③ プロセスの詰まりを解消する
管理職になると、個人の能力よりも、リソースの使い方で評価がされます。(p.64-65)

① 一日の業務の中で削れそうなものは何か?
② 削ったことで起こりうる不都合は何か?
③ どうすればその不都合がなくなるのか?(または本当に不都合なのか?)(p.67)
・「モノが無ければ捨てようがないよね」と。(p.136)
・…「そのお金が次のお金を生み出す」ところだけに集中して使って、他には一銭もかけない。これがお金の使い方のk本です。(p.145)
・…自己投資の場合は自分が働かない限り価値が生まれないので、自己投資をする時点で自分を労働にさらす覚悟が必要です。(p.151)
・…本を読むこと自体に希少価値が生まれる時代になっているわけです。(p.157)
・本当の強みとは再現性のあるものです。(p.211)