読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

フェラン,カレン『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です――コンサルタントはこうして組織をぐちゃぐちゃにする』を読んで

 

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

 

コンサルタントをめざされる方、企業の経営者・経営幹部の方におすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・私がこの本を書いたのは、経営コンサルタントとして30年も働いてきて、いい加減、芝居を続けるのにうんざりしてしまったからだ…何よりいたたまれないのは、クライアント企業の従業員を「資産」として扱い、監視、評価、標準化、最適化すべきであると唱えてきたことだ。私が自分のやっている仕事をありのままに話せないのは、「貴社の関係者の連携を強化するお手伝いをします」なんて言っても、誰もコンサルティングの仕事を頼んでくれないからだ。仕方がないから、方法論やモデルや指標やプロセスやシステムといったコンサルティングの商品の看板を引っ提げる…このようなモデルや理論はいずれも職場から人間性を奪う…(p.21-22)
・人材はビジネスの一部分ではない。人材なくしてビジネスは成り立たないからだ…ビジネスとはすなわち「人」なのだ…人間が理屈どおりに動くはずがない。私が本書によって訴えたいのは、これ以上、職場から人間性を奪うのはやめるべきだということ。そして人材のマネジメントさえできれば、あとはすべてうまくいったも同然ということだ。(p.23)
・ともかく大事なのは、モデルや理論などは捨て置いて、みんなで腹を割って話し合うことに尽きる。(p.28)
・戦略策定の実行における問題は、戦略策定は、今後の経済状況や、業界の変化や、競合他社の動向や、顧客のニーズを予測できることが前提となっている点だ。(p.49)
・現場を根本的に変えようと思ったら、サプライチェーンのすべての部門の人間を巻き込むしかない。(p.74)
・…関係者を一堂に集め、なぜ現行のやり方で業務を行っているのか、それによって関係者にどのような影響が出ているのかを話し合い、他部門の人が抱えている問題をみんなで理解するという方法には、計り知れない価値があった。(p.79)
・対処方法や手順を示すことと、失敗例や問題点を示すことのちがいは、前者は読者の考え方を狭めるのに対し、後者は考え方を広げる点にある。(p.92)
・…業務オペレーションを改善するには、関係者全員を巻き込んで一緒に取り組むしかない…人間こそ問題の原因であり、解決の手立てなのだ。(p.101)
・…目標を決めて設定し、それについての報酬や罰則を設けると、必ずといってよいほどその目標は達成されることだ。しかし、残念ながらそのせいで、測定できない大事な目標が犠牲になってしまうことが多い。(p.111)
・業績考課プロセスなど、まったくもって公平でも客観的でもない。それもそのはず、評価や判断というのは主観的なものだからだ。(p.156-157)
・…付帯的な報酬システムは、社員の創造性や仕事に対する熱意を奪い、学ぶ意欲や、社会に価値をもたらそう、いい仕事をしようとする意欲を削いでしまうと考えている。業務に金銭的な価値を付加することで、はからずも業務自体には価値がないというメッセージを伝えてしまうのだ。そして、このシステムのもうひとつの影響は、考え方が狭まってしまうことだ。とにかく眼の前の業務のことしか考えないため、役に立ちそうな情報があっても見逃してしまい、既成概念にとらわれない考え方ができなくなる。(p.162)
・人は上から押し付けられた目標よりも、自分で決めた目標に取り組むほうがずっとやりがいを覚える…会社の目標を自分の目標に落とし込む必要がある。(p.167)
・<グーグルによる「優れたマネージャーの8つの習慣」>
① 優れたコーチであること。
② ある程度はチームのメンバーに任せ、細かく管理しないこと。
③ 部下の成功と幸せを気にかけていることを態度で示すこと。
④ 生産的で成果志向であること。
⑤ コミュニケーションをよく取り、チームの意見に耳を傾けること。
⑥ 部下のキャリア開発を支援すること。
⑦ チームのための明確なビジョンと戦略を持っていること。
⑧ チームにアドバイスできる重要な技術的スキルを持っていること。(p.178-179)
・…よい関係を築くこと。(p.181)

① 気にかけていることを態度で示す…
② 伝わるように伝える…
③ 臨機応変に、柔軟に、すばやく対応する…
④ 先手を打つ(p.191-193)
・よい人間として人生で成功するために欠かせないのは、よい人間関係を築く能力だ。そして、優れたマネジメントというものも部下とのよい関係を築くことにほかならない。(p.196)
・…「やる気」を試すのはじつに簡単だ。誰でも参加可能にしつつも、申し込み手続きをうんと厳しく大変にすればいい。そうすれば、本当にやる気のある者だけが応募資格を満たすことになる。(p.261)