読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

細川英雄『研究計画書デザイン――大学院入試から修士論文完成まで』を読んで

 

研究計画書デザイン―大学院入試から修士論文完成まで

研究計画書デザイン―大学院入試から修士論文完成まで

 

 大学院進学を考えておられる方におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・…研究計画書によって…2年間の課程に耐えられる能力があるかどうかが測られるわけです。(p.v)
・…大学院を選ぶ場合の、三つのポイントをあげておきましょう。
1 仕事・教育の質と内容で選ぶ。
2 指導教員候補を逆指名。
3 将来の可能性、展望を考える。(p.16)
・…最終的に決断しなければならないのは、あなた自身のやりたいことと大学院の内容との一致です。(p.17-18)
・…指導教員の教育・研究の仕事振りをきちんと見定めなければならないのです。その上で自分のやりたいことと一致したら、逆指名したらいいわけです。(p.18)
・…もっとも重要な問題は、あなたが将来的に、どのような職場で、どのような仕事をしていくのか、ということです。その展望を持ち、それを具体化するために、何が必要かを考えることです。(p.19)
・大切なことは、その動機が自分自身のどのような問題意識に裏付けられているか、ということです。なぜ自分が大学院を希望するのかをできるだけ具体的に説得力を持って述べること。この問題意識が、次の研究計画とどのようにつながっていくかがポイントです。(p.30)
・多くの問題関心の中から、問題を一つに絞り込み、その問題について深く掘り下げるための作業が必要です。そのためには、具体例を提示し、当面の自分の意見をまとめることが必要です。(p.35)
・テーマをあくまでも自分の問題として捉えること。これこそが研究のオリジナリティにつながるものだからです。(p.39)
・研究計画の場合に受け入れ側が知りたいのは、あなたがそのテーマについてどの程度の知識を持っているかということですから、重要なのは、先行研究ということになります。ですから、先行研究がきちんと調査されているかいないかは重要な問題となります。(p.47)
・自分の「やりたいこと」を実現するために、どのような文献を読んだのか、その文献と自分の考えていることはどう同じで、どう違うのか、という視点が大切です。(p.50)
・なぜその分野・領域をめざすのかという点において、あなた固有の意見と立場が述べられていることが重要なのです。(p.56)