読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

喜多川泰『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』を読んで

 

「また、必ず会おう」と誰もが言った。

「また、必ず会おう」と誰もが言った。

 

 自己啓発に関心がある方におすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・「人より先に動いて、人の役に立つことよ」(p.49)
・…あなたが泊まった家では、食事の後片づけ、布団の上げ下ろし、風呂掃除から、トイレ掃除、誰よりも早く起きて、朝のゴミ出し、部屋や廊下、階段の掃除から玄関の掃除まで、そりゃあもうこれでもかというくらい、しっかりやりなさいよ。(p.50)
・…あなたにとって居心地のいい場所は、まわりの人があなたに何をしてくれるかによってじゃなくて、あなたがまわりの人のために何をするかによって決まるの。(p.61-62)
・ひたすら掃除をする。みんなに喜んでもらえるまでピカピカにやるのだ。(p.77)
・お客様に感謝。出会いに感謝。仕事ができることに感謝。(p.83)
・自分の非を認めたり、素直に謝ったり、感謝したり、お礼を言ったりする勇気がない奴は幸せになんてなれねえよ(p.84)
・人間はね…誰かの喜ぶ顔を見るために、自分のすべてを投げ出すことができるんだ…人間は人が喜ぶことをしたときに、自分も同じ喜びを得ることができるんだ。(p.103-104)
・勇気を出すために必要だったのは、愛情だよ…相手に興味を持つこと。人間そのものを愛する心を持つこと。これがなければ一歩を踏み出す勇気が湧いてこない。(p.111)
・誰が何と言おうと、おまえの人生はおまえのもんや。(p.126)
・自分の決断に責任を持つためにも、誰に何と言われても、これだけは言うことを聞けんという強さを持てよ。(p.129)
・他人のメガネをかけて世の中を見てると、世の中なんてつらいことを我慢するだけになる…(p.134)
・「自分の人生だ、自分の価値観で、好きなように生きていいんだ」(p.137)
・とにかくチャンスがあったら旅に出るのがいい…(p.144)
・子供はね、心から信頼してくれる誰かがいて初めて才能を開花させる土壌ができる…そしてもう一つ大切なことがある…それはね、『待つ』ことだよ(p.160)
・「じゃあ、子供の何を信頼するんですか」「能力。そして成長だよ」…「そして、待つ」(p.163)
・英語を話せるその人が何を話すかが問題なのよ。(p.179-180)
・あなたに興味を持ってくれる人は、あなたに日本のことや文化のことを聞きたがる…英語よりも、日本史とか古文とかそういうものを必死に勉強したほうが絶対にいいわよ…この国に住むすべての人は、もっとこの国のことを知って、愛して、外に出たら自信と誇りを持ってそのよさを伝えるようにしないと。(p.180-181)
・今は自分の好きなことに正直に、真っ正面からぶつかるだけでいい…それにぶつかり続けているときに何を感じるかじゃ(p.189)
・人生は誰と出会うかで決まるのです。(p.211)
・「偶然に見えるすべての出会いが必然である」(p.212)