Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

樺沢紫苑『読んだら忘れない読書術』を読んで

 

読んだら忘れない読書術

読んだら忘れない読書術

 

 読書が好きな方におすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・…脳に情報・知識という栄養を与えると、脳はそれをアウトプットしたくなるのです。(p.5)
・「単なる知識」ではなく「結晶化された知識」。単なる羅列された文字情報ではなく、実践可能、応用可能で行動につながり、10年たっても風化することのない「結晶化された知識」を得られるのが「本」なのです。(p.24)
・「インプット量」で勝ち、「アウトプット量」で勝ち、自己成長のスピードで勝てば、あなたはライバルに対して圧倒的に差をつけることができるのです。その第一歩が、「インプット量」を増やすこと。そのために一番簡単なのは、読書量を増やすことです。(p.36)
・本を読む人と読まない人の決定的な違いは、「文章力」があるかどうかに表れます…文章を上達させたければ、たくさん読んで、たくさん書くしかない。(p.37-38)
・人間の能力は、脳を鍛えることによって、一生伸ばし続けることができるのです。(p.52)
・…「本」を読めば何千、何万人もの先人の知恵を借用できるのです。(p.56)
・本をたくさん読めば、将来の選択肢を広げることができます。(p.63)
・…最も効果的な記憶術として「最初のインプットから、7~10日以内に3~4回アウトプットする」…(p.79)
・脳が「重要な情報」と判断する基準は2つです。「何度も利用される情報」と「心が動いた出来事」です。(p.80)
・読書に関して私が行っているアウトプットは、以下の4つです。
① 本を読みながら、メモをとる、マーカーでラインを引く。
② 本の内容を人に話す。本を人に勧める。
③ 本の感想や気づき、名言をFacebookTwitterでシェアする。
Facebookやメルマガに書評、レビューを書く。(p.81)
・人生の1割に相当するスキマ時間を「浪費」に使うのか、「自己投資」に使うのか。この時間の使い方次第で、あなたの人生は変わります。(p.88)
・私が考える「本を読んだ」の定義は、「内容を説明できること」、そして「内容について議論できること」です。(p.92)
・複数の切り口で人に紹介するためには、複数の視点で本を読むことが必要です。(p.107)
・「15分程度のスキマ時間読書」の繰り返しでも、連続読書以上の効果が得られる…(p.118-119)
・睡眠前の読書は、心と体をリラックスさせて、睡眠に入りやすくしてくれるのです。(p.122)
・読書は「たくさん読む」よりも「何を読むか」のほうが、10倍重要です。(p.151)
・知識は最高の貯蓄である。(p.218)