Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

安田正『超一流の雑談力』を読んで

 

超一流の雑談力

超一流の雑談力

 

 人間関係を良好に保ちたい方におすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・…その人に対するおおむねの評価は会話が始まってから1分。最長でも4分で決まる…(p.26)
・会話の序盤でぜひ取り入れていただきたいテクニックとして挙げられるのは、適度な「自己開示」をすること…具体的なやり方としては、「自慢話はしない」「軽い失敗談を話す」…(p.27-28)
・自分のことを伝えるときのポイントは、話を短くおさめること…30秒から長くても1分以内…(p.31)
・…「オノマトペ」を使う…音や感情の様子などをあらわす擬声語…話芸の達者な人は、このオノマトペと、さらにその言葉に合わせた身ぶり手ぶりを使うことで、話に臨場感を与えるのです。(p.33)
・…話をわかりやすくするために心がけたいことは次の2つ。
① 一文を短くすること
② リズミカルに話すこと(p.34)
・…重要なのはあくまでもゴールを決めておくこと。常にゴールに向かって会話を進めていくことです。伝えたいことは何か、何を引き出したいのか、何のために会話をしているのか。(p.40)
・さわやかに「よろしくお願いします」と伝えることで、相手と話すことを許される状態をつくる。小さいようですが、とても大事なステップの一つなのです。(p.45)
・…雑談で大切なのは相手をのせること。(p.53)
・決して議論をしてはいけないというのは、一つ大事な鉄則です。(p.58)
・ここで大事なのは、日常生活のどこにでも、会話の種は転がっているということです…上手に拾い、コミュニケーションのツールとして実生活の中で使っていく。(p.62)
・最も興味を持ってもらいやすいのはどんな話でしょうか?…相手に実益のある話です。雑学ではなく、実用の知識。(p.64)
・深く納得している、相手の言葉が響いている、という姿勢が大事なのです。ですから、相手の顔をきちんと見ながら聞くことも大切です。(p.82)
・…基本的には話している相手の目をずっと見るようにしてください。(p.83)
・オウム返しのポイントは、質問形式で返すなどして、話が広がりそうな言葉を付け加えることです。(p.90)
・…「何か特別なことをされているんですか?」…(p.93)
・重要なのは欲求や興味を刺激するポイントに気づくことです。好きなことや長所を語るとき、人の表情は明るくなります…相手の表情をよく見てみてください。(p.95)
・…話すときには上の前歯を6本以上見せて、口角を上げることを習慣にしてください。口を結んでいるときも、口角を上げることを意識します。(p.123)
・…相手からためになることを教えてもらったり、感動するような言葉をもらえたときに、つぶやくように感想を言う、相手を誉める、という方法です。具体的なやり方としては、
1) あえて相手から視線をはずして、天井や宙を見る
2) うなずいたり首を横にかしげたりしながら
3) 「いや~さすがだなぁ、その視点はなかったなぁ」「何だか○○さんの話は落ちてくるんだよなぁ」などとつぶやきます。(p.133-134)
・自分に興味がある人のことを人は嫌いになれない(p.145)

・大事な話をするときは、少し、溜める(p.191)
・「ポイントは○個あります」と言われると、相手の話を理解しようと聞く準備を始め、思わずメモを取りたくなってしまうのです。(p.194-195)
・…まとめるときのコツとしては、
1. 話のポイントは何なのか
2. それらのポイントをひと言でまとめると、要するに何であるのか(p.197-198)