Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

中村天風『ほんとうの心の力』を読んで

 

ほんとうの心の力

ほんとうの心の力

 

 自己啓発に関心をお持ちの方におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・人間の地獄をつくり、極楽をつくるのも心だ。心は、我々に悲劇と喜劇を感じさせる秘密の玉手箱だ。(p.17)
・多くの人が苦しみ悩む、いわゆる運命は「宿命」なんだ。宿命というのは、人間の力で打ち拓いていくことができるもの、絶対的でない、相対的なものなんだ。(p.19)
・…心を積極的にすること…常に心の中に感謝と歓喜との感情を、もたせるよう心がける…(p.21)
・笑いは無上の強壮剤であり、また開運剤なんです。(p.23)
・…運命であれ、健康であれ、それをより良い状態にするには、特に更生の「チャンス」を絶対に逃さぬことである…常にそれを見逃さないようにすること、もう一つは、チャンスに直面した際、無駄に迷いためらわないことである。(p.26-27)
・…常に言葉に慎重な注意を払い、いかなるときにも、積極的以外の言葉を使わぬよう心がけることである。(p.37)
・心身統一法によってその内容量を増やす力、第一が「体力」であります。第二が「胆力」、第三が「判断力」、第四番目が「断行力」、第五番目が「精力」、第六番目が「能力」。(p.46-47)
・…どんな場合にも心を明朗に、一切の苦しみをも微笑みに変えていく…(p.50)
・…すべてのことに感謝しよう。そしてこうして生きていることに対する歓喜の気持ちをもとう。(p.56)
・…たいていの病はまず、心を強く、第一番に病を気にしないようにすること…(p.103)
・何事に対しても、現在感謝。(p.147)
・…常に自己を自己自身厳格に批判して、ひたむきに自己の是正に努力する…(p.175)
・人生の出来事のすべてに対しても、自分の人生の前にあらわれるものは、みんなこれは、自分というものの価値認識のために必要な、相対的な尊いもの…(p.181)
・どんな大変な苦労に遭遇しても、不撓不屈、その強い心で何事、何物にも脅かされずに、よくこれを乗り越えて、そして初一念を貫徹した…(p.223)