読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

山形琢也『人の気持ちが読める人読めない人――この「頭の使い方」ができれば人生がまるで違ってくる!』を読んで

 

 自己啓発に関心をお持ちの方におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・…怠けずにコツコツやっていたら力が蓄えられないはずがない。ただし、どんなに潜在的に優秀な力を持っていても、怠けていたらダメだ。(p.24)
・まめに手紙を書くこと…挨拶状などに添える自筆の添書は、相手のプライドをくすぐるのに大きな効果がある…文章というものは強く印象づけるものである(p.29-p.31)
・「敗者には必ず逃げ道をつくってやれ」…(p.33)
・…仕事がうまくいっているときは、ふだん以上に人の心への気配りが必要になるのである。(p.36)
・…付加価値は、ただ付加価値がついていますというのでは訴求力がない。どうアピールするかが大切なのだ。(p.40)
・…身の回りにあるもので興味を引かれるものがあったら…感心するだけでなく、その歴史、作者などを調べる。(p.55)
・メモを取ることには、いろいろな効用がある。一つは、具体的に記憶がよみがえること…メモは急所だけを簡潔に取ることが大切…話は、まず聞く、次に考える。これが基本である。メモは、考えた結果、理解した結果を忘れないように残すためのものである。次の話に集中できるようにするためのものである。(p.59-60)
・…どんな人間でも緊張が解けてホッとしたとき、気持ちが大きくなったときに、人の話を受け入れやすくなる。(p.87)
・「結果の発見→結果の確認→問題の発見→問題の確認→原因の発見→原因の確認→改善の提言→改善の実行」(p.108)
・専門家として成功しようと思えば、専門外の知識と経験を豊かにすることが必要になる…(p.113)
・…お客様第一主義にするためには、徹底して顧客に密着しなければならない…お客様のニーズは、お客様に聞くしかないのである。(p.118)
・…権力、権限というものは、人間の眼を曇らせる。普通なら気づくはずのものが見えなくなってしまうのである…管理職になったら謙虚に徹することが絶対に必要になる。謙虚になるということは、具体的にはおべっかを退け、耳の痛い意見をよく聞き、間違いを指摘されたらすぐに改めることだ。そして権力を振りかざすのとは逆に、徳行を積むことである。(p.167)
・第一に肝心なのは、問題意識を持つこと…自分がしている仕事のどこに問題があるかを徹底的に探すこと…第二に、その問題を発見するのは自分自身であると自覚すること…第三に、問題を発見したら自分で解決策や改善策を考える…第四は、そういう問題意識を持ち、解決策、改善策を常に現場で探す習慣をつけること…第五は、発見した問題と解決策、改善策を周囲の人、上司に示すこと…第六は、自分が提示した解決策、改善策についてできるだけ多くの意見を聞くこと…第七は、問題解決策を周囲の人全員に示し、彼らを実行に参画させることである。(p.195-196)
・人を使うためには、その前に自分が使われやすい人間になることである。(p.224)