読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

堤未果『(株)貧困大国アメリカ』を読んで

 

(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)

(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)

 

 貧困問題に関心をお持ちの方におすすめの一冊。以下に気になった箇所を引用します。

・…貧困児童はそうでない子どもに比べ、肥満率が七倍高いのです…ジャンクフードや糖分の高い炭酸飲料、栄養のない加工食品などによって、子どもの医療費は増えている。それが結局、低所得者層の家計をさらに圧迫するという、悪循環を起こしているのです…(p.9)

・「ワーキングプア人口の拡大で、黙っていても利用者がどんどん増えるSNAPは、食品業界にとってドル箱になっているのです」(p.11)
・ただでさえまともに食べていかれないワーキングプアと失業者、ホームレスが国内にあふれているところに、一一〇〇万人の移民が入ってきたらどうなりますか。わずかに残った仕事は人件費の安いメキシコ移民に奪われ、価格競争に負けたアメリカ国民は、ますます貧困に突き落とされるでしょう。(p.15)

・…養鶏業界は、アメリカの農業のなかで最も独占的に統合されています。非常に多くの契約養鶏者が、大手企業の下請けとして借金漬けになっています。(p.26)
・…農業従事者は株式会社経営の下で低賃金・福利厚生なしで雇われる、パートタイム労働者になりました。政府は輸出用大規模産業としての農業政策を推進し始めたのです。(p.32)
・…大企業は、ロビー活動や政治家や農務官僚への大口献金でしっかりと手を打っています。家畜工場はほとんど動物保護法の適用から外されている。(p.36)
・寡占化によって規模がおおきくなるほどに、企業の政治への影響力も拡大してゆく。(p.41)
・…寡占化は株主至上主義です…大企業にのみたっぷり利益が出るしくみです。(p.42)
・勤勉で英語堪能、組合もなく福利厚生も要らず、労働条件には一切文句を言わず、最低賃金の一〇分の一ほどで雇用できる因人労働者は、今全米の企業からひっぱりだこの人材だ。(p.45)

・国民が法律そのものに関心をまったくら払わないことに加えて、企業はその資金力で政府だけでなく、必ずマスコミも一緒に押さえるからです。こうすれば国民に気づかれずに都合のいい法改正を行える。(p.84)