Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

山形琢也『ほんの少しの考える力があなたを変える――豊かに生きるための人生学』を読んで

 

 自己啓発に関心をお持ちの方におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・…人生の悩みや直面する問題にどう対処したらよいか。まず重要なのは、「自分で考えてみること」だ。(p.16)
・…人間関係が良くないと思ったら、まず「自分にも悪い点があるのではないか」と考えてみる必要がある。(p.20)
・情報は、活用してこそ初めて価値を生み出すものだ。(p.24)
・大切なのは、情報や知識を活用して自分の頭を使い分けて、人生の諸問題の解決にどう立ち向かっていくか、ということなのだ。(p.26)
・…人は、「その動機が強烈であればあるほど変わる度合いは大きい」…(p.32)
・迷ったとき、悩んだとき、問題に直面したとき、答えを出してくれるのは知識ではなく知恵だ…人生の重大事に悩んだときは、最後の答えは自分が出す。(p.64)

(1) 自分のために自分を大切にする
(2) 自分のために家族を大切にする
(3) 自分のために会社と社会を大切にする
(4) 自分のためにお客様を大切にする(p.104)
・他人に聞く前に、「今、自分が行うべきことは何か」を考えること。(p.110)
・より重要なのは身につけた知識を活かすことではないか。(p.112)
・伸びる人には単なる能力とは異なる、必ず伸びる「資質」があるのだ。発想がプラス思考であり、何事も前向きに捉える姿勢も、そんな資質の一つだ。(p.121)

●どうすれば解決できるか、まず懸命に自分で考える
●どうしてもわからないときは、人に相談する
●とにかく解決してから次に進もうとする
●どんなに小さな問題でも先送りしない(p.123)
・…“働く意欲”とは他人から強要されて生まれるものではなく、本人が自覚して初めて生まれるものだ。(p.132)
・…お客の立場に立った鋭い人間観察と、人の心を読む洞察力…(p.233)
・私の人間観の第一番目は、「人間の根本的な性格は変わらない」…第二番目は、「人間に最も影響を与えるのは環境だ」…第三番目は「人間の考え方や行動は環境によって変わる」…(p.238-239)

(1) 今、どうなっているのか?
(2) 今、どうなりつつあるのか?
(3) 何が問題か?
(4) なぜ、そうなっているのか?
(5) どうしたらいいのか?(p.256-258)
・…自分の内面で燃え上がる闘志や熱意によって人は動くという事実…(p.266-267)