Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

安藤祐介『営業零課接待班』を読んで

 

営業零課接待班 (講談社文庫)

営業零課接待班 (講談社文庫)

 

 ビジネスパーソンにおすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・…経験を積めば偶然は必然に変えることができる…(p.44)
・…失敗を恐れる心はさらなる失敗を生み、悪循環を繰り返す(p.45)
・自分を語れば、相手も少しずつ自分を見せてくれる。(p.47)
・成熟しきって差別化が難しくなった商品、底値に達した価格競争、あらゆる要素が横並びになっている。他社との差別化には環境対策や社会貢献も大事だが、最も大事なのはやはり人と人との関係だと私は信じています。こんな時代だからこそ、顧客企業の人びととの人間臭い繋がりが差別化になる。(p.49-50)
・接待は餌ではありません。信頼関係を築くための手段です(p.71)
・まず欲するべきは相手からの信頼。売り上げは後から付いてくる…いかに一人の人間同士として信頼関係を築けるかが重要。(p.73-74)
・自分も楽しむこと…相手に楽しんでもらうのは当然のこと。ただ、より楽しんでもらうためには、自分も楽しむことです。話をしていて楽しい人間とはまた会いたくなる…あとは相手に興味を持つこと。相手の会社はどんな会社で、その人はどんな人物か…飲め、注げ、聞け、話せ、笑え。それらが相手との距離を親密にするための引力になる…(p.75-76)
・気にするな。肩の力を抜こう。(p.139)
・…一隅を照らす者は国の宝なり…(p.142)
・…自分は取るに足らない存在。他人はそれほど自分のことを気にかけていない。(p.152)
・企業には実は指揮命令系統下に配置された形式的な組織とは別次元で、飲み仲間や昼食仲間のような非形式的な組織がある。そして、イザというところで火事場の馬鹿力を発揮するのは非形式的な組織の団結力だったりするものです。(p.158-159)
・知識、人柄、何でもいい。話してみて本当に少しでもいい所を見つけたら、そこを心から褒めろ…(p.160)
・これが最後だという気持ちで取り組むということ。最後に賭ける想いというのは、思いもよらないパワーを引き出す。(p.219)