読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

佐藤雅昭『なぜあなたは論文が書けないのか?――理由がわかれば見えてくる、論文を書ききるための処方箋』を読んで

 

なぜあなたは論文が書けないのか?

なぜあなたは論文が書けないのか?

 

 研究者を目指される方におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を一部引用します。

・論文を書くという大仕事をするからには、それなりの理由・モチベーションが必要だ。論文を書くことが自分にとってどのような意味を持つのか、まず考えてみよう(p.9)
・漠然と悩むのではなく、論文作成の小さなステップのどこでつまずいているかを考えよう。(p.13)
・あなたが今すぐすべきこと=論文完成に向けて必要なsmall stepをとにかく踏んで前進すること(p.19)
・論文作成の作業目標を小分けすると同時に、持ち時間も細かく区切って、1つずつ確実に潰していこう(p.213)
・ネットやメールが論文作成を邪魔するなら、しばらく接続を遮断しよう。(p.29)
・思考力が必要な知的作業のために、まとまった時間を確保しよう。特に朝がおすすめ…(p.31)
・英借文、インターネット検索、英文校正の活用で英語を克服しよう。でも一番大事なのは、その土台となる論文のロジックとストーリー展開(p.43)
・論文のストーリーを人に聞いてもらおう。研究の経過に従って進捗状況を報告しよう。(p.53)
・参考にするモデル論文をいくつか選ぼう。(p.58)
・とにかくWord文書を作成して書き始めよう。そして加筆を続けよう。前に進むことがゴールにたどりつく唯一の方法(p.60)

① 今まで明らかになっていること、
② まだ明らかになっていないこと、
③ あなたが何をどうやって明らかにしたか、
の3ステップで知識のギャップを示そう(p.74)
・論文のすべてのパートが「結論=イイタイコト」という北極星に向かっているかを確認しよう(p.140)
・投稿先は早めに絞り、投稿規定を手元に置いて執筆するのが効果的(p.145)
・論文を投稿するからにはrejectされる覚悟が必要。(p.161)
・Reviewerのコメント・質問には、1対1対応で誠心誠意ポジティブに答えよう。正面切っての反論はせず、相手も納得のゴールを目指す。(p.170)