読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

アドラー,アルフレッド『生きるために大切なこと』を読んで

 

生きるために大切なこと

生きるために大切なこと

 

 心理学に関心をお持ちの方におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・知識の助けを借りれば、人間の態度を変えることができるのだ。(p.10)
・…すべての行動を、全体を構成する部分として解釈する…全体のことを念頭におきながらそれぞれの部分を検証すると、全体像がよりはっきりと見えるようになる。(p.11)
・私たちはみな間違える。しかしここで大切なのは、間違いは修正できる…(p.14-15)
・個人心理学を学ぶには、何よりもまず「共同体感覚」という概念を理解する必要がある…勇気があり、自信があり、世界に自分の居場所がある人だけが、人生のいいことと悪いことの両方を生かすことができる。(p.16)
・共同体感覚の次に取り組むべき課題は、個人が発達の過程で直面する困難を発見することだ。(p.18)
・罰を与える、叱責する、お説教をするという方法は、子供にとって得るものは何もない…まずは根底にある人格を理解しないと、何も変えることはできない…(p.24-25)
・個人心理学においては、「意識」と「無意識」を区別するのは間違いだと考えている。(p.34)
・人間が社会を形成するようになったのは、一人では生きられない弱さが原因だ。(p.38)
・人間と社会の関係を理解するカギは、人はいつでも自分が優秀さを発揮できる状況を求めているということだ。(p.49)
・…態度は、人生全体に対する態度、すなわちライフスタイルが表に現われたものだ。(p.108)
・目の前に何か問題があるとき、その問題をどう解釈するかは個人のライフスタイルによって決まり、そして解釈の仕方が個人の性格ということになる。(p.116)
・夢の目的は、例外なく、優越性という目的を達成するための道を整えることだ。(p.129)
・教育の大原則は、大人になってからの人生と矛盾しない事柄を教えなければならないということだ。(p.144)
・劣等と優越にまつわる問題は、すべて学校に上がるまでの家庭生活から生まれている。(p.150)
・個人心理学が目指すのは「社会」に適応することだ。(p.168)
・個人心理学が「人生の三大課題」と呼んでいるもの…社会参加、仕事、そして恋愛・結婚だ。(p.176)
・…個人心理学のメソッドは、すべて劣等の問題から始まり、劣等の問題で終わっている。(p.232)