Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

大村大次郎『サラリーマンの9割は税金を取り戻せる――あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】』を読んで

 

 節税に関心をお持ちの方におすすめの一冊。以下に重要と思われる箇所を引用します。

・現在の税制には、「ふるさと納税制度」というものがあります。これは、自分が好きな自治体に寄付をすれば、所得税、住民税が安くなるという制度です。(p.32)
・国民や住民に非常に有利な制度は、あえて積極的に広報しないのです。税金は知っている者だけが得をするようにできているのです。(p.47)
・…税金というのは、自分の意志である程度減らすことができるのです。だから自分のお金を増やすための最も手っ取り早い方法は、税金を安くすることです。(p.63)
・…サラリーマンの税金は、支払金額-給与所得控除額=所得金額…(p.69)
・サラリーマンの税金…
課税対象額(税金の掛かる所得)X税率=税金…課税所得を減らせば節税ができる…(p.90)
・給料-給与所得控除-いろんな所得控除=課税対象額…いろんな所得控除を増やすことによって、税金を安くすることができる…(p.92)
・サラリーマンの所得控除の中で、し忘れが多いのが、「雑損控除」です。(p.106)
・生命保険料控除の種類とは、次の三つです。「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」「介護保険料控除」これらの控除を全部使えば、けっこうな節税になります。(p.114)
・…生命保険に年間8万円以上、個人年金保険に年間8万円以上、介護医療保険に年間8万円以上掛け金を支払っている人は、合計で12万円の生命保険料控除が受けられる…(p.118)
地震保険料控除の額は、5万円以内ならば全額、5万円超なら5万円…(p.124)
・…「特定支出控除」…サラリーマンに特定の支出が生じた場合には、それを給料から差し引いてあげましょう、というもの…(p.129)
・…医療費控除は、サラリーマンが節税をする上での突破口ともいえます。(p.138)
・医療費控除の額を増やそうと思えば、まず重要ポイントなるのが、市販薬です。(p.140)
・日本の税制では、納税者が申告したことに関しては原則として認められます。税務当局は、客観的に間違いを証明しない限り、納税者の申告を認めざるを得ないのです。(p.161)
・…サラリーマンの確定申告は、原則としていつでもいい…(p.194)
・…今まで一度も確定申告をしたことがない方…は、5年前までさかのぼって確定申告ができる…(p.197)
・…税務署員が絶対に正しいわけでも、彼らのいうことを必ず聞かなくてはならないわけでもない…自分の主張すべきことはきっちり主張すればいい…(p.206)