Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

伊藤肇『現代の帝王学 新装版』を読んで

 

 

現代の帝王学

現代の帝王学

 

 

 経営者・管理職の方におすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・他人を変えようと思ったら、まず、自分を変えることである。(p.12

・…「帝王学」には三つの柱がある。第一の柱は「原理原則を教えてもらう師をもつこと」…

第二の柱は「直言してくれる側近をもつこと」…第三の柱は「よき幕賓をもつこと」…(p.13-14

・…「尊敬する気持」と「恥を知る心」…(p.59

・何でもよい。一つの仕事に精進しなさい…一、二年間、毎日、一つの仕事にとりくんでごらんなさい。他人が到底、入れない境地に達するでしょう。(p.123

・世の中に役立つようなことをすれば、必ず、その貢献の度合に応じた報酬が社会からもたらされる。それが利益である。(p.123

・順境は人をころし、逆境は人を活かす。そして、耐えるたびに少しずつ人生が見えてくる。(p.124

・一人の力が他人の協力を得たとき、はじめて事業は成功する。そして、協力を得られるのは、鋭さではなく人格の力である。(p.125

・…「人生の五計」…第一は「生計」。われ、いかに生くべきか…第二は「身計」。いかに身を立てるか…第三は「家計」。家庭をいかに営み、維持してゆくか。第四は「老計」。いかに年をとるか…第五は「死計」。いかに死すべきか。(p.193-194