Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

ロバーツ,アキ・竹内洋『アメリカの大学の裏側ーー「世界最高水準」は危機にあるのか?』を読んで

 

 大学に関心をお持ちのにおすすめです。以下に学びがあった箇所を引用します。

・…世界大学ランキングの上位の大学をよく見るとひとつのパターンがあることに気づく。ほとんどがアメリカ、イギリス、カナダ、スコットランドといった英語圏の欧米の大学であるということだ…英語が公用語でない日本の大学は圧倒的に不利になる…実験や分析結果、数式が重視される理系とちがい、言語そのものが重要な文系は…特に世界で孤立しやすい。(p.21-22

・世界ランキングが上がり、グローバル社会で知名度が上がることは、世界中から優秀な留学生や研究者を引き寄せるのにきわめて効果的…(p.23

・アメリカにはUSニューズなどの大学ランキングとは別に「カーネギー分類」(Carnegie Classification)と呼ばれる大学の分類法がある…どの大学が研究大学でどれが教育重視の大学なのかを調べる時にカーネギー分類が役に立つことになる。(p.36-37

・…テニュア制度が作られた一番の目的は、アカデミック・フリーダム、すなわち学問の自由を守るためである。テニュアを持っている教授はすぐさま結果を出さなくても解雇される心配がないので、何年もかかる研究にじっくり取り組むことができる。(p.58

・…アメリカの大学の中でテニュアを持っている教員は、「アソシエイト・プロフェッサー」とその上のランクの「プロフェッサー」だけだ。(p.60

・…エリート大学卒業生でテニュア・トラックの職は埋まっていく…(p.68

・公募で選ばれるのがテニュア・トラックになる一般的な方法だが、少しだけ例外がある。大学は「ダイバーシティ」(多様性)を重要視しているため、二番手や三番手の応募者でも女性やマイノリティー人種なら「ダイバーシティ雇用」として追加で雇ってくれる場合もある。もう一つのテニュア教授への裏道は優秀な学者と結婚することである。結婚しなくても就職活動の時にカップルになるだけでもいい…公募で受かった人の配偶者も一緒に雇う「配偶者雇用」を実施している大学もある。(p.69-70

・…最近では教育重視の大学と研究大学の両方で、求められる論文と本の出版の数が増えてきている…しかし出版から5年たっても…人文科学の分野では出版された論文の82%が一度も引用されない…社会科学でも32%、自然科学では27%の論文が引用されることがない。(p.78

・論文と本の出版に加えて、近年特に重視されてテニュアの審査での重みが大きくなっているのが外部の政府機関などからの研究費だ。(p.79

・…ほとんどの州で州立大学の教授や職員の年俸は個人ごとにネット上で公開されている…(p.110

・大学の運営が複雑になるとともに、管理職だけでなく、専門職…と呼ばれるさまざまな分野の専門業務も不可欠になった。(p.113

・大学財政を改善し授業料依存を減らすために、大学は常に利益の期待できる事業を模索している。大学スポーツがそのひとつである。(p.121

・現在、約三分の二の学生が卒業時にローンを抱えている。(p.139

・…いまだに8割以上の名門大学がレガシー優先入学を行っている。(p.156

・…まず最初の問題は教員が学生を正当に評価する自由を失いつつあるということだ…授業料の値上がりと共に大学が学生を顧客と扱いだしたことだ。お客様は当然高い支払いに見合う「商品」を要求する。それが「いい成績」というわけだ。(p.192-194