Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

樺沢紫苑『ムダにならない勉強法』を読んで

 

ムダにならない勉強法

ムダにならない勉強法

 

 自己啓発に関心のある方におすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・勉強すると自己成長します。自己成長することで、能力が高まり、できることの質と量が大きく変化し、現実が変わります。「勉強する」とは、現実を変えるということです。(p.28

・…「適正」X「努力量」=「結果」…(p.37

・「勉強」することで適性は発見され、「勉強」することで適性は磨かれていきます。(p.38

・実は、勉強は楽しい!これは、ちょっとした考え方、回路の切り替えによって可能になります。そして、一度切り替わると、その効果は一生ものです。(p.48

・とにかく続ける。途中であきらめない。成功するまで続ければ、必ず結果が出る。必ず成功する。(p.51

・勉強の第一歩は、勉強法を学ぶことです。つまり、「勉強法勉強法」こそが、勉強のスタート。(p.58

・自分の実力と比べて「ちょい難」のものを選ぶ。そうすることによって、あなたの学びは最大化するのです。(p.79

・あなたが勉強し、それを教えたり、伝えたりすることで、他の人のためになる。自己成長するだけではなく、他の人を成長させ、伸ばしていくことができるようになる。(p.86

・あなたが何かを勉強しようという場合、常にそれは「長所伸展」なのか、「短所克服」なのかを意識するべきです。(p.91

・自分が何を知っていて、何を知らないのかを明らかにすることが、物凄く大切です。「自分が何を知らないのか」が明らかになれば、その知らない部分を勉強すればいいだけです…「アウトプット」をすればいいのです。(p.94-95

・ゴールがわからなければ、勉強法は決まらない。ゴールがわかれば、勉強法も決まる。(p.102

・「気づき」は自己成長のための必須条件です。「気づき」を得て、それを「行動化」していく。これが自己成長のために、物凄く大切です。(p.105

・まずは基本を徹底的に真似て、しっかりと習得する。次に基本を踏まえたうえで、他の方法やいろいろなパターンを試してみる。最後に「自分流」を確立する。(p.107

・自分が誰とつき合い、誰と時間を過ごすのか。それによって、どれだけ成長できるのかが決まります。(p.131

・勉強を誰から学ぶのか?勉強を誰に学ぶのか?(p.138

・自己成長は…アウトプットの量に比例するのです…インプットしたら、できるだけアウトプットする。(p.158-159

・勉強する前に「概観」し、インプットをして、アウトプットをして、フィードバックをするフィードバックの結果を次のインプットに反映させ、インプットを修正し、さらにアウトプットとフィードバックを繰り返す。(p.163

・人数は少なくてもいいので、自分で報告会、勉強会を開催してみる。(p.175

・人の話は、できるだけリアルで聞くようにする。非言語的メッセージを受けとることは最高の学びである。(p.191

・アウトプット…「話す」「書く」…「行動する」…(p.192

・勉強の結果を出したいのなら、書いて書いて書きまくればいい。さらに書きながら、書いている内容を音読するとさらにいい…(p.195

・…手書きで紙に書いたほうが、より記憶に残りやすく、勉強効果が高い…(p.197

・インプットされた情報を忘れないようにするには、「1週間で3回のアウトプット」が必要…(p.199

・悩み、熟考し、試行錯誤することが、自己成長の原動力…(p.219

・人に教える。そうすると、一番、自分の勉強になります。(p.231

・私たちの勉強は、10年後の自分に対する「貯金」なのです。(p.278