Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

川北義則『日本人の作法――品位ある生き方のすすめ』を読んで

 

日本人の作法―品位ある生き方のすすめ

日本人の作法―品位ある生き方のすすめ

 

 人生を歩んでいくうえで学びのある一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・礼儀作法を学ぶことは、その世界のルールを知ることであり、ルールを知ることは「反則」がいかなるものかを理解することだ。反則は結果に関係なく「負け」…(p.18

・衣食が足りただけでは、人間は決して満足しない…自分が納得する以外にない…(p.19

・「美しく見えることは正しいことである。ミットモナイことは悪である」。(p.27

・…「自分のことは自分でする」という覚悟…「家族の絆を強めること」…「地域社会の活動を復活させること」…(p.30

・「人に礼法あらば、悪事をなさず」(貝原益軒)(p.33

・礼節とは、人間として最低限しなければいけないことと、してはいけないことの集大成…(p.34

・自分の周りの人たち、家族、友人、同僚、隣り合わせた人が気分よくなるよう考えて行動するだけでいい。(p.36

・大切なのは自分のモノサシを持つこと…(p.42

・作法の裏側には非礼が潜んでいる。作法があるのは、非礼を避けるためだ。それによって人間社会が成り立っている。(p.53

・…肝心なことは箸そのものの持ち方、使い方…(p.75

・人間関係をうまく運びたいと思うなら、誰に対しても礼を失しないことだ。(p.96

・…相手を敬う心を持たなければいけない。(p.99

・…チャンスを見たらすぐに行動に移すのがビジネスマン、失敗したらやり直すだけ」…(p.177