Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

喜多川泰『書斎の鍵――父が遺した「人生の奇跡」』を読んで

 

書斎の鍵 (父が遺した「人生の奇跡」)

書斎の鍵 (父が遺した「人生の奇跡」)

 

 自己啓発に関心をお持ちの方におすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・人生で手に入るものは才能で決まっているわけじゃない(p.23

・…素晴らしい人生を保証してくれるのは、才能ではなく習慣だ…習慣によってつくり出すべきものは思考だ。心と言ってもいい。人間の思考には、習慣性がある。つまり、放っておくと、いつも同じことを考えている…我々が身につけるべき習慣は、心を強く、明るく、美しくするための習慣…(p.104-105

・一日生きると身体は汚れる 一日生きると心も汚れる(p.141

・一冊の本と出会うことで、心が楽になることがあります。一冊の本と出会うことで、前に進む勇気をもらえることがあります。一冊の本と出会うことで、未来が少しだけ明るく見えることがあります。(p.143

・人生を変えるほど感動する本と出会う旅に出よう!まずは一冊から(p.146

・成功したから書斎を作ったのではなく、書斎が必要なほどたくさんの素晴らしい本と出会ったからこそ成功した…(p.149

・本との出会いが増えるほどに、自分の才能や可能性に気づき、驚く…読書は人生を豊かにする投資である(p.150

・「お前は、どう生きる?」(p.152

・生まれた環境が「手に入れるもの」の質や量を決定していない…(p.156

・…素晴らしい習慣が素晴らしい結果を引き寄せる…習慣が人を磨く どんな人でも磨けば素敵な人になる(p.158

・「読書の習慣がある〇〇と、ない〇〇では、人生において感じ取る幸せに大きな開きがあると同時に、周りの人を幸せにする能力も、受け取る報酬も大きく異なる」…(p.160

・…「自分はどんな人間になりたいのか。そのために、自分の人生を何に使うと決めるのか」…(p.164

・読書は…「自分らしく生き切る勇気」をもらうためにする…(p.174

・一冊の小説を読むということは、「自分だけしか行ったことがない世界を一つ持つことと同じくらいの貴重な経験」を読者に与えてくれます。(p.177

・人間の心が変われば、世界はこうも美しく見えるのか…(p.178

・あなたを応援している人が本の中にはたくさんいる(p.188

・読者は本の中の偉人の志を受け継ぎ、エネルギーを受け取ることはできる…(p.190

・本の中には、世界中の、いろいろな時代の、すごい人たちの生き様があります。(p.194

・読んだ本がどんな本であれ、自分の心を磨くよう役立てればいい…(p.199

・…自分らしく生きるためには語彙が必要…(p.205

・本を読むことは、よりよい未来をつくるために、たった一人でもdけいる具体的なアクション…(p.209

・「誰かのためにも本を読む」ことによって、本当の幸せな人生を実現できる…(p.214

・この国に生まれただけで、他の国では手に入らない様々な恩恵を手にしています。(p.216

・一人の人間が変わることで未来は大きく変わる…(p.218