Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

森秀明『外資系コンサルの資料作成術――短時間で強烈な説得力を生み出すフレームワーク』を読んで

 

外資系コンサルの資料作成術---短時間で強烈な説得力を生み出すフレームワーク
 

 若手のビジネスパーソンにおすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・ビジネスにかかわる資料の作成術に求められる要件は4つ…

●資料の表現が一目でわかりやすいこと…

●筋の通ったメッセージがはっきりしていること…

●資料を作り上げる手順が実践的であること…

●そして、相手の関心事に沿った内容であること(p.13

・ビジネスにおいて論理を展開するときには、構成要素として証拠と主張と保証の3つが求められる…(p.21

・…論理の組み立てと資料のカタチが対応している…(p.33

・…情報が多い場合には、文字のサイズを小さくするのではなく、むしろ情報を削ぎ落して、情報量を減らしてください。14ポイントから18ポイントという読みやすい文字サイズ…(p.69

・ビジネスの世界で役に立つ議論の構造…「何々がある」「だから何々だ」「なぜなら何々だからだ」の3つ…(p.98

・ビジネスの世界で意味ある主張を引き出すためには、証拠の新鮮さと主張のユニークさのバランスが大事…(p.102

・…5W1Hを意識して物語を作ることは有効…(p.107

・…資料を作成するときには、資料の全体だけでなく個々の部分にも目配りする…個々の部分にもそれぞれ主張があり、それらが組み合わさってより大きな主張になる…(p.110

・望ましい資料作成の出発点は、常に変化する相手のニーズの全貌を正しく捉えること…相手の考えていることの全貌を頭の中で描けるようになるまできちんと捉えること…変化を恐れずにその推移を織り込む…相手との対話を何度も重ねて、相手の真意をきちんと理解すること…時間の経過に伴う相手のニーズ、ウォンツの変化も受け入れる…(p.146