Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

坂本光司『人に喜ばれる仕事をしよう――感動、感激、感謝される会社のつくり方』を読んで

 

人に喜ばれる仕事をしよう~感動、感激、感謝される会社のつくり方~
 

ビジネスパーソンにおすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・…企業内外の人々が感動・感嘆・感銘するような「感動創造経営」「感動提案経営」の実践こそが、時代が求める企業像…(p.15

・…自分たちが提供するサービスの質いかんが、組織の盛衰を決するほど重要…(p.18

・…「いい企業」は、常に「お客様よし・会社よし・地域よし」とか「社員よし・社外社員よし・お客様よし・地域住民よし・出資者よし」…「感動経営」・「正しい経営」を愚直一途に実践…心温まる「感動サービス」を受けた人々は、その瞬間からそのお店・企業のファンとなり、やがて単なる「たまたま客」から「わざわざ客」に変化・変貌…そのお店・企業が、あたかも「自分の自慢のお店・企業」であるかのように親しい仲間たちに語り継いでいく…(p.19-20

・…お客様が感動・感激・感嘆するような、社会的に意味のある商品・社会性の高い価値のある商品を生産販売…「商品そのものが感動するような商品」の生産・販売、そしてもう一つは…「製造技術が感動を呼ぶ商品」…(p.25

・「まずいちばん大切なのは『社員満足』。社員満足が高まることによって、『顧客満足』は必ず高まるはずなのです…(p.58

・「天は越えられないほど大きな荷物を、人に与えてはいない」(p.79

・価格競争に巻き込まれないためには、品質などに加えて「感動の商品・サービス・経営」といった付加価値が大切…(p.211

・…感動の商品をつくるのも、感動のサービスを提供するのも、結局は、人…「自分が大切にされていない」と普段感じている社員がなぜ、その企業のお客様を「大切にしたい」と考えるでしょうか。(p.233

・感動の商品サービスを生み出すのは「仕事に幸せを感じて、自発的に取組む社員そのもの」…(p.235