Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

カトー,ロンブ『わたしの外国語学習法』を読んで

 

わたしの外国語学習法 (ちくま学芸文庫)

わたしの外国語学習法 (ちくま学芸文庫)

 

 外国語学習に関心をお持ちの方におすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・文法とは、体系です…ある言語の文法を身につけた者…は、体系化され得る知識のあらゆる分野において体系化するという能力を身につけたことになります。(p.18

・…忍耐と知識欲に燃えて書物に打ち込んだなら、誰とて同様な結果を得るに違いない…(p.19

・いかなる知識も、釘と同様、目の届かぬところにある足場に支えられてこそ持ち堪えているのです。充分に深く打ち込んでおかないと、釘と同様、何か重い物を掛けたとたんに用を足さなくなる…(p.36

・どんな国語の建物も、四つの主要な大部屋から成っていて、この建物の住人になれるのは、この四部屋すべてに入ることの出来る者、すなわち、発話、聞き取り、作文、読解の四つの能力をすべて身につけた者だけ…(p.37

・…外国語学習における反復は…不可欠な要素…(p.58

・専門的知識、これは外国語への扉を開く鍵…(p.73

・習得した知識を維持するにも、新たな知識を獲得するにも、主要な手段となるのは本…能動的に読むこと。(p.74

・法則は、自覚されるべきもの…(p.82

・一体どんな本を読んだらいいのか…わたしたちが興味を魅かれるものを読めばいい…(p.89

・ある言語を知っている、ということは、その言語で他人の言っていることを理解し、また自己を他人の理解できる形で表現できるということ…学習の最終目標は、この両者を書きことばと話しことばの両方において身につけるということ…(p.107

・発音は、外国語学習における最も難しい問題のひとつであり、また、われわれの学習の正しさを計る物差し…外国語でコミュニケートする時、相手が、われわれの外国語の知識を判断する最初の基準は、まず第一に発音…(p.109

・…単語帳を自主制作されること…(p.158

・しかるべき時期に、辞書を引く訓練をすること…(p.173

<<成功の体験>>…キーポイント…(p.175

・暗記にふさわしいのは、申し分なく精査された文章だけ…(p.190

・…外国語を起点にしてしゃべること…(p.192

・…辞書を教科書として利用…(p.200

・外国語は毎日学習すること…学習意欲が余りにも早く減退するような場合は…別の形を考える…文脈から引き離して覚え込まない…<<成句>>すべてを順不同で書き出して覚えてしまう…あらゆる物事を頭の中で訳してみる…しっかりと覚え込む価値のあるのは、教師によって正しく直されたものだけ…成句や熟語的表現は、一~三人称、単数で書き出し、覚えること…外国語は四方八方から同時に襲撃すべき砦であること…しゃべるのを恐れぬこと…どんなことがあっても自分は目標を達成出来るのだ、自分は強力な意志力と、類い稀有なる語学的才能を持ち合わせているのだと、固く確信すること。(p.211-213