Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

小山昇『儲かる社長のPDCAのまわし方』を読んで

 

儲ける社長のPDCAのまわし方

儲ける社長のPDCAのまわし方

 

 中小企業の経営者におすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・中小企業が強くなるためには、「PDCA」サイクルを回しながら、時代の変化、お客様の変化、ライバルの変化に対応していかなければなりません。(p.14

・データをもとに「どうして」「どうすれば」を繰り返して検証して、「法則」や「原理原則」に目を向けています。(p.26

・…「観察をして、仮説を立てて、検証する」ことが必勝法…(p.28

・…「計画と実績の差を読み取り、次の実行計画に反映させる」ことが「対策」…(p.32

・仮説は、「デタラメに立てる」のが正しい。(p.33

・「PDCAサイクル」を回して「常に変化を起こしていく会社」だけが生き残れる…(p.37

・…利益が出ているときこそ変化すべき…(p.38

・あらゆることが猛スピードで変化する時代にあって、「現状維持」は「後退」と同じ。(p.40

・変革とは、時代やお客様の都合に合わせて、会社の組織を変えること…(p.43

・「新しいこと」「今までと違うこと」をはじめる…(p.45

・「新しい」とは…

●ほかの人は成果を出しているけれど、自分はまだやっていないこと

●他の業界では常識でも、自分の業界ではまだ常識になっていないこと

●すでにあるものの組み合わせを変えること(p.48-49

・ライバル企業と同じことをしていては、差は縮まりません。(p.50

・現場がデータを分析してアクションにつなげれば、現場力は格段に高まります。(p.53

・データ活用は、アクションがともなって、はじめて意味がある…(p.55

・…見切り発車こそ、正しい決断…(p.74

・人間は、およそ経験のないものはうまくできない。だからこそ、行動して、経験を積み上げる必要がある…(p.78

・社長がチェックをしなければ、それは「やらなくてよい」と同じ…(p.89

・チェックにチェックを重ねることを「大丈夫」といいます。(p.90

・…やるべきことがきちんとできたかどうかを確認する…チェックリスト…が必要…(p.94

・「評価尺度」を見直すことは、「計画」そのものを見直すきっかけになる。(p.113

・大切なのは、変化の「回数」と「スピード」を追求すること。(p.116

・…「やらないこと」から先に決めています。(p.119

・自分で気づいてはじめて変わります。(p.130

・締め切りが決まっていないと、社員はやる気を出しません。(p.148

・仕事の管理で大切なのは、「仕事をはじめる時間」と「終わりの時間」を決めること…(p.149