Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

城山三郎『打たれ強く生きる』を読んで

 

打たれ強く生きる (新潮文庫)

打たれ強く生きる (新潮文庫)

 

ビジネスパーソンにおすすめの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・本当のアイデアをいってもらうための秘訣は二つある。第一は、自分が部下にとって「この人なら本当のことを話してもいい」と信頼される上役になること…第二に、どういう話、どういう話し方をすれば、部下が話に乗ってきて、どんどん本音をいってくれるようになるかを知ること…(p.16

・…会社の仕事以外に勉強をするように…文学や芸術に触れよ…(p.22

・…調べる気になれば、勉強する材料はいっぱいあった。そして、勉強して行くと、次から次へと、また勉強の材料が出てきた…初心である限り、人生はいくらでもひろがって行く…(p.26

・…手ぶらで行っていい話を聞こうなんて、とんでもない…(p.29

・自分が売らなければ、だれが売ってくれるのか。(p.32

・必要な予算も確保できないようでは、専門職もつとまらない…明るく人に接し、細かく気くばりして、社の内外に味方をつくっておくことも、必要…(p.37

・どんな仕事に就かされても、どんな土地へ行っても、必ずその行先には勉強することがあるはず。また、その行先にかかわらず、勉強しつづけることも多いはず…(p.44

・…日々に新たに挑戦を続ける。決して満足しない…(p.52

・再建のためには、急いで改めなければならぬ点と、じっくり時間をかけて直すべき点がある。(p.57

・どんな事態にも、第三の道がある。(p.76

・…人間は感情の動物であり、理屈にとらわれていたのでは、得るべきものも失ってしまう…「口で負けて、カネで勝て」…感情の機微を解することが勘定に通じる…(p.80

・歩け、歩け。平素から歩け…歩くことで…有形無形のつながりが出てくる。(p.85

・「打たれ強い男でないと、これからは生き残れなくなる」(p.122

・些細なことも積み重なれば、企業の運命もかなりちがってくる…(p.129

・…ざっくばらんに人に聞くことができる…(p.132

・…経営がどうなっているかを、正確に全従業員に知らせる…ポストと関係なく、本当に力を持っている人を社内で見つける…思い切った人事をする…そこに骨を埋める覚悟をする…(p.146

・公式的なものや常套的なものから、少しでも遠ざかる…人生を楽しくするだけでなく、発想の新鮮さ、生命のみずみずしさへと道をひらく…(p.176

・…最後は自分なりの判断をし、自分なりの意見を持つ。(p.185

・だれもがバスに乗る世なら、むしろ歩いた方がいい。(p.222