Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

ポラス,クリスティーン『Think CIVILITY――「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』を読んで

 

 自己啓発に関心をお持ちの方にお勧めの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・ある言動が無礼かどうかは、相手がどう感じたかで決まる。相手がその扱いをどう感じたかが重要。(p.10)
・人、企業が無礼な態度によって被る損失は、一般に思われているよりはるかに大きい…集中力、注意力を削がれる…人の思考力を奪う…その影響を受けて自分も無意識のうちに破壊的、攻撃的な思考をしやすくなる。(p.33)
・礼節ある態度…人に感謝する、人の話をよく聞く、わからないことは謙虚に人に尋ねる、他人の良さを認める、成果を独り占めせずに分かち合う、笑顔を絶やさない…(p.47)
・人は尊重されると、自分に価値があると感じ、力を発揮することができる。リーダーの礼節ある態度は部下の気分を高め、その人が属するチームや企業の業績もあげることができる。(p.56)
・誰かの言動の影響は、直接関わった人だけでなく、はるか遠くにまで広がっていく。あなたが誰かに無礼な態度を取れば、その影響は、態度を取られた人だけではなく、その人と関わった別の人にも伝わることになる。(p.74)
・あなたが礼儀正しい態度を取れば、それによって周囲の人たちも礼儀正しくなるという好循環を生むことができる。(p.74)
・自分の欠点、改善すべき点を知るために、他人からフィードバックを得る…自分の言動を具体的にどう変えるべきかを知るため、他人からアイデアを集める…自分を客観的に評価してくれる人を身近に見つける。または客観的な評価基準を見つける…自分を大切にすることも必要。運動、睡眠、栄養を十分に取る…(p.105)
・礼節ある態度を取るためには、まず、微笑む、相手の存在を認める、話を聞く…(p.134)
・誰もが無意識の偏見を持っている。それが思考や他人との関わり方に影響を与える。自分にどのような偏見があり、それが他人との関係にどう影響しているかをよく考える必要がある。(p.154)
・①与える人になる②成果を共有する③誉め上手な人になる④フィードバック上手になる⑤意義を共有する(p.156)
・リソースは惜しむことなく他人と共有すべき…成果を独り占めしない謙虚さが大切。貢献してくれたすべての人と手柄は分け合う。…フィードバックによって相手がどういう気持ちになるかを理解する。個々の人に、自分のいる意味を感じさせる…(p.182)