Mike's Blog

これまで読んできた本を引用を含めて紹介します。 Introducing books I have read including citation http://www.arsvi.com/w/km18.htm

多田慎介『「目的思考」で学びが変わる――千代田区立麹町中学校長・工藤勇一の挑戦』を読んで

 

「目的思考」で学びが変わる—千代田区立麹町中学校長・工藤勇一の挑戦

「目的思考」で学びが変わる—千代田区立麹町中学校長・工藤勇一の挑戦

  • 作者:多田慎介
  • 発売日: 2019/02/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 教育に関心をお持ちの方にお勧めの一冊。以下に心に響いた箇所を引用します。

・本来の勉強…生徒たちが『分かる』『分からない』を自覚し、分からないことを分かるようにすること…一律に宿題を課せば、すでに分かる状態にある生徒に無駄な時間を強いる…(p.24)
・…本来考えなければいけないのは、『その新聞、本当に誰かが読むの?』『何のために書くの?』…(p.25)
・再現性のあるスキルを身につける(p.29)
・…ブレインストーミング…KJ法…(p.31)

●麹中生が目指す8つの生徒像
 国際人として考え行動できる能力を身につける
1 言語や情報を使いこなす能力
① 様々な場面で言葉や技能を使いこなす
② 信頼できる知識や情報を収集し、有効に活用する
2 自律的に活動できる能力
③ 感情をコントロールする
④ 見通しをもって計画的に行動する
⑤ ルールを踏まえて、建設的に主張する
3 異質な集団において交流する能力
⑥ 他者の立場で物事を考える
⑦ 目標を達成するために他者と協働する
⑧ 意見の対立や理解の相違を解決する(p.34)
・本来、テストは生徒が「自分の中に学力が定着しているか」を確かめるためにあるもの…定期テストという仕組みには「大人の都合」が多分に含まれている…(p.40)
・…勉強とは自分から自発的に取り組むもの…定期テストだから勉強する…本末転倒…日常的にテストという目標が身近にあることでモチベーションが継続し、すきま時間をうまく使う習慣も身についていく…(p.46)
・…固定担任制の廃止…全員担任制の導入…面談の時期が来ると、生徒や保護者は「どの先生と話したいか」を選ぶ。(p.48-49)
・問題に柔軟に対応して、適材適所で教員の強みを生かせるマネージャーがいるかどうか。(p.64)
・…学校は子どもたちに「人とつながり、社会の中で生きていく」力を身につけるためにある…(p.65)
・…教育現場では…忍耐・協力・礼節…を重要視…それ以上に重要なのが自律…自分で考え、自分で判断し行動できる力…(p.71)
・子どもの頃から、常に「何のため?」「誰のため?」を考える訓練をしていけば、社会に出たときの人材の価値も大きく高まっている…(p.74)
・大切なのは「先生の言っていることは本当に正しいのかな?」「この仕組み、何かおかしくない?」という疑問を持って、何のためにやるのか、誰のためにやるのかを考えられる子どもを育てること…(p.76)
・…作る資料…メッセージ性を持たせ、相手(読み手)を意識して伝えなければならない…(p.113)
・…保護者と語り合えるんだから、トラブルはチャンス…(p.123)
・生徒がどこまでも自分たちの頭で考え、実行する。(p.173)